安達祐実のグッズ一覧

安達 祐実は、0歳で雑誌のモデルとしてデビューし、30年以上も第一線で活躍し続けているベテラン女優である。子役としてCMで活躍していた時に、ハウス食品のCM「具が大きい」のフレーズで名前を知られるようになり、子役時代には「家なき子」で大ブレイク。10代後半には、水着グラビア姿を披露したこともあり、長いキャリアの間、その時の年齢にふさわしい活躍をすることで人気を維持し続けている。テレビドラマや映画、舞台での女優業はもちろん、ラジオ、バラエティ番組、アニメの声優などでも幅広く活躍している。サンミュージックの公式サイトでは、DVDや写真集を購入することができる。

1〜144件目

1〜144件目

安達祐実 グッズ情報

安達 祐実は、35歳にして芸歴30年以上の大ベテラン女優である。0歳の時に雑誌のモデルとしてデビュー。その後劇団に所属し、子役としてCMで活躍していた。プロ意識が高く、歯の生え変わる小学校低学年の頃は、乳歯が抜けた状態では仕事ができないので、抜けたところに入れ歯を入れて仕事を続けていたというエピソードもある。1991年、10歳の時に出演したハウス食品のカレーのCMで注目を集め、CMに使われた「具が大きい」というフレーズは流行語大賞にもなった。女優としても演技力の高さで定評があり、1994年に12歳で主演したテレビドラマ「家なき子」が大ブレイク。主人公の「同情するならカネをくれ」というセリフは、今でも折に触れて使われるほど有名なセリフとなっており、安達の代表作と言えば「家なき子」を挙げる人が多い。1997~1998年には、テレビドラマ「ガラスの仮面」で、原作者の美内すずえから主役に指名されて北島マヤを演じ、好評を得ている。子役から大人の女優への転身は難しいと言われているが、2014年、豊島圭介監督の「花宵道中」で20年ぶりに映画主演。古ヌードもある女郎の役を体当たりで演じ、見事な転身を見せた。