大竹しのぶのグッズ一覧

大竹しのぶは日本の女優である。1973年、テレビドラマ「ボクは女学生」の出演にて芸能界デビューを果たす。その後1975年にはNHK連続テレビ小説「水色の時」のヒロインに抜擢、彼女は本作がきっかけとなり国民的ヒロインとして大きく知名度を上げた。その高い演技力はデビュー当初から注目を集めていたが、バラエティなどでみせる普段の天然な姿とのギャップに驚く人は多かった。ドラマディレクターの服部晴治、お笑い芸人の明石家さんまとの結婚を経験しており、それぞれの間に子供を設けている。なお特にさんまとのことは離婚後もお互い度々テレビ番組で話題に出すなどしており、現在も子供を交えて食事などをしていると語られている。大竹しのぶのグッズは出演した映画やドラマのDVD、パンフレットなどがある。

1〜144件目

1〜144件目

大竹しのぶ グッズ情報

大竹しのぶは、日本を代表する女優の一人といっても過言ではないだろう。普段の喋り口調は非常に柔らかく、またバラエティ番組では天然な言動が目立つが、一度役に入り込むとその演技は圧巻の一言に尽きる。2003年に同じく実力派女優の桃井かおりと映画「阿修羅のごとく」で共演した際は、撮影中に落雷するハプニングが起き監督が「1つの作品に、2人の魔女はいらない」と語ったとされている。また明石家さんまとの共演作である「男女7人夏物語」では、彼女のあまりの泣きの演技でみせたあまりの演技力にさんまが驚いてしまい、NGを出したというエピソードがある。そういった女優としては完璧なまでに役に入り込むことができる大竹だが、「とんねるずのみなさんのおかげでした」内の人気企画「食わず嫌い王決定戦」では過去の六回の出演全てで敗北をしており、嫌いなものを食べた際のリアクションがかなり露骨でオーバーなことで知られている。大竹が出演する回は非常に人気があり、視聴率自体は高い。ドラマなどで見せる高い演技力は、こういった場面では発揮されていないようである。大竹しのぶは2016年には「後妻業の女」や「真田十勇士」などの話題の映画に、立て続けに出演している。