ディーンフジオカのグッズ一覧

ディーンフジオカの所属事務所であるアミューズが展開するグッズショップでは、俳優として出演した、国内外の作品のDVD/Blu-Rayを購入できる。このほか、モデルとしての顔も見られるグッズも充実している。フォトブック、ポストカードにカレンダー、表紙を飾った雑誌のバックナンバー等も購入できる。 さらに、"DEAN"を英単語の頭文字に見立て、あいうえお作文風にしたデザインのTシャツや、ロゴ入りのハンドタオルも陳列されている。また、音楽活動の結晶とも言えるシングルス、アルバムも購入可能で、そのうちいくつかの楽曲はiTunesやYouTubeで視聴もできる。アルバム「Cycle」はここかタワーレコードでしか手に入らないので、要チェック!

1〜144件目

1〜144件目

ディーンフジオカ グッズ情報

ディーンフジオカは、福岡県出身の俳優・映画監督・アーティスト。高校卒業後にアメリカはシアトルへ渡り、現地のコミュニティ・カレッジで学ぶ。日本語、英語はもちろんのこと、中国語、広東語、フィリピン語の5ヶ国語を話すマルチリンガル。その後香港にてファッション誌編集者からのスカウトを受け、2004年にモデルとして芸能活動を始め、香港や台湾を中心に俳優として映画やドラマに出演。2008年のドラマ「笑うハナに恋きたる」や2011年の映画「夢の向こう側〜ROADS LESS TRAVELED〜」は日本でも公開された(国内では2013年に公開)。  アートとエンタテインメントの融合した表現活動をすべく、2011年にアミューズと契約。国内映画「I am ICHIHASHI〜逮捕されるまで〜」で監督・主演を務める。2014年9月にはNHK連続テレビ小説「朝が来た」に五代友厚役で出演し、脚光を浴びた。  インドネシアにて作詞・作曲からプロデュースまで自身で手がける音楽制作をするほか、国内ではロッテ「Lady Borden」春のウキウキキャンペーンのテーマソングを手がけ、Sony WALKMANのCMにも出演した。  日本人としては珍しい経歴を持つ俳優ながら、列記とした純ジャパ。また経歴に似て日本人離れした顔立ちだが、ハーフでもない。留学中ホームステイ先のホストファミリーから「ディーン」と呼ばれていたことが芸名の由来になっている。