博多華丸・大吉のグッズ一覧

博多華丸・大吉は、博多と名前にあるように福岡出身のお笑いコンビである。博多弁を使ったオリジナリティある漫才が魅力的で、博多で活躍したあと東京に進出、そのあとはお笑い番組のみならず数多くのバラエティにも出演している。最近ではそれぞれピンとして活動することも多い。本名は異なるが博多華丸と博多大吉の二人でコンビを結成している。大吉はアメトークの出演でネガティブトークを繰り広げたことからじょじょに人気を増やし、アメトークでは「大吉芸人」という会ができたこともあった。博多華丸・大吉のグッズのなかでも絶対に押さえておきたいのがタワーレコードとコラボしたTシャツだ。タワレコらしい黄色地のTVは目立つこと間違いなしなので、彼らのファンを主張したいなら買っておこう。

博多華丸・大吉 グッズ情報

博多華丸・大吉コンビを見ていると、何だか通勤ラッシュに揉まれるサラリーマンの姿を重ね合わせてしまう。本人はいたって真面目なつもりだが、周りの人々からは半ば失笑されている・・・そんな妙齢男子の悲哀をコミカルに表現する、ふたりの絶妙な掛け合いには思わず苦笑いが込み上げてくる。いわば「毒にも薬にもならない」といった彼らの芸風に、ついつい親近感を抱いてしまう人も多いことだろう。
彼らは売れなかった頃、何とウコンを栽培していたことがあるという。飲み潰れるのが前提だという毎週末のロケのため、高くて買えないウコンを育てて摂取していたらしい。何とも二人らしい珍エピソードだが、それすらも博多華丸・大吉のイメージには見事にハマる。妙な所で努力を重ねつつ、とりあえずクールにキメようとはするがまったく様になっていない。あなたの上司や同僚にも、一人くらいは似たような人がいるのでは?
そんな博多華丸・大吉だが、実際の人柄も“いい人”であることは結構有名だ。自意識過剰になりがちな芸人の世界にあって、人としてごく当たり前の気遣いを忘れないことは素晴らしい。見ていてほっこりするようなコンビ愛と、少しも飾らないところが彼らの人気の秘密なのだろう。