志村けんのグッズ一覧

志村けんと言えば「スイカの早食い」というネタがある。子供の頃はあのネタに影響され、スイカを前にすると早食いしたくなる気持ちがあったが、今思えば可笑しくて笑ってしまうという人も多いだろう。実はあのネタは仕掛けがあり、表から見ると丸ごと食べている様に見えるが実際の所、裏側はくり抜いてある為、実質食べているスイカは少量だという。その仕組を思いつきお茶の間を驚かせる頭のよさ、そして思わず騙されてしまうほど程に志村けんの演技力が凄いと言えるだろう。子どもの目から見るとただふざけているだけに見えるが、加えて演技もしていたなんて、器用で魅力的な人であると言える。世界共通で年齢性別関係無くお茶の間を笑顔にしてしまう、日本を誇るコメディアン志村けんには期待がつのるばかりだ。

1〜144件目

1〜144件目

志村けん グッズ情報

志村けんは、日本で名前を知らない人は居ないと言えるほどに有名なコメディアンである。志村けんといえば、「アイーン」という顎を出した面白おかしいネタが日本では最も知られていると言える。だが、もっと有名で親しみのある言葉を志村けんは生み出した。私達が普段何かを賭けたり物事の勝ち負けを決める時、何気に使っている「ジャンケン」という遊び。最初の掛け声は「最初はグー」から始まる。その掛け声はなんと志村けんが使ったのが始まりだという。飲み会で、最後の会計を誰が支払うかと決める時、酔っ払っている共演者とのジャンケンがなかなか揃わず、志村けんが音頭を取る為、「最初はグー」と言ったのが始まりだそう。あの言葉がまさか、志村けんが生みの親だとは驚きだ。そんな「志村けん」に並ぶ程に実力派で世界的に有名なアーティスト「サザンオールスターズ」のデビューシングルであり、常にランキングの上位に上がるほど有名な曲「勝手にシンドバッド」という曲も実は名付け親は「志村けん」だという。元ネタは沢田研二の「勝手にしやがれ」とピンクレディーの「渚のシンドバッド」を掛け合わせた物。次々武勇伝を生み出す「志村けん」はやはり魅力的であると思う。