マリリンモンローのグッズ一覧

マリリンモンローはアメリカ合衆国出身の女優である。ハリウッドを代表するスターであることで知られる彼女は、アメリカのセックスシンボルとして世界中の人々からその存在を知られている。デビューは1946年、当初は華々しい活躍は得られずに事務所との契約をうち切られるなど辛い日々を送り、生活のためにヌードモデルなどの仕事もこなしていたという。それでも女優の夢を諦めきれずに活躍の場を探していた彼女は、1952年に公開された映画「ノックは無用」でメインの登場人物の役を獲得。その後公開された「ナイアガラ」での悪女役で披露したモンロー・ウォークは多くの男性を虜にした。1962年8月5日にロサンゼルスの自宅で死亡しているのをメイドが発見。彼女は36歳だった。マリリン・モンローのグッズは、彼女の顔が大きくプリントしてあるバッグや財布などが存在する。

1〜144件目

1〜144件目

マリリンモンロー グッズ情報

マリリンモンローは、世界中で有名なハリウッド女優として知られている。「アメリカの恋人」「20世紀のセックスシンボル」と呼ばれており、真っ赤な口紅で彩られた唇と口元のほくろ、腰を左右に振りながら歩くモンロー・ウォークで多くの男性を虜にした。多くの話題作に出演し女優として大成し、中でも「紳士は金髪がお好き」や「百万長者と結婚する方法」、「お熱いのがお好き」が有名な作品である。36歳という若さでこの世を去っている彼女だが、3回に渡る結婚歴や中絶経験、ケネディ兄弟との不倫など非常に波乱に満ちた人生を歩んだ女性としても知られている。また彼女の死に関しては、当時は睡眠薬の大量服用による急性バルビツール中毒であると報じられていたが、全裸で寝室で死んでいた、発見された遺体の手に受話器が握られていたなど不審な点が多く、謀殺説が根強く叫ばれているが真相は明らかになっていない。名言も多く「夜は何を着て寝るのか」という記者の質問に対して答えた「シャネルの5番よ」のやりとりは、非常に有名であり現在でもドラマや映画、漫画などでこのネタが取り入れられる場面は多い。またこの発言がきっかけで「シャネル」の広告に使われることにもなった。死後から数十年たった今でも、アメリカのセックスシンボルは多くの人々の心をつかんで離さない。