ブルージェイズのグッズ一覧

トロント・ブルージェイズは、カナダのオンタリオ州トロントにあるロジャース・センターに本拠地を置くMLB・アメリカンリーグ東地区所属のプロ野球チーム。通称「Jays(ジェイス)」と呼ばれている。2005年以降、MLBで唯一アメリカ以外の国に本拠地を置いている球団として有名である。2007年に大家友和、2009年に高橋建、2012年に五十嵐亮太、2013年に川崎宗則に所属したことから日本でも人気が高い。そんなブルージェイスのグッズは、チームカラーの青を基調としたアイテムが多く、キャップやサインカード、ニューエラのキャップ、バックパック、ユニフォーム、クラブハウスバイザー、タオル、グローブなど多彩なラインナップ!ブルージェイズのグッズをオタキャンプで入手しよう!

1〜144件目

1〜144件目

ブルージェイズ グッズ情報

1977年にシアトル・マリナーズと同じに誕生したブルージェイズこと「トロント・ブルージェイズ」は誕生した当時数年は目立った成績を上げることが出来ずにシーズンは最下位という結果だった。その後も1979年まで連続最下位、勝率も極めて低かった。しかし1982年に監督がボビー・コックスに変わるとチームに変化が訪れた。勝率は5割を超え、結果は4位と最下位から抜け出すことが出来た。しかし、1992年からは4度目の地区優勝やリーグチャンピオンシップシリーズでアスレチックと戦った際に延長の末勝利を手にすることが出来た。また、同年初出場となったワールドシリーズでアトランタブレーブス4:2で下し初のワールドチャンピオンに輝くなどチームにとって最高の成績を残すことが出来た。そしてトロントブルージェイズでは日本人選手も活躍しており、五十嵐亮太・マイケル中村・大家友和・高橋健・川崎宗則などがいる。2013年から加入していた川崎は粘り強い打撃と川崎本人の明るいキャラクターでファンはもちろんトロントでも愛されてる最大の日本人と言われていた。2015年までトロンで活躍していたが川崎がいなくなった今どんなプレーを見せてくれるのか今後の活躍に期待だ。