BIGMAMA(ビッグママ)のグッズ一覧

日本で今最も多くなってきているバンドが「ロックバンド」だ、もちろんBIGMAMAも例外ではなくオルタナティヴ・ロックバンドである。2006年7月に出したアルバム「shortfilms」がデビューCDとなる。初登場ではオリコンは129位と低かったもののシングルやアルバムを次々と出していき、日本中の人々に少しずつ知られていくにつれ次第に順位も80位・60位・40位・20位と瞬く間に上がっていった。オリコン登場が5位だった2014年4月16日発売のアルバム「Roclassick」は彼らにとってもファンにとっても嬉しかったのではないだろうか。そしてBIGMAMAが出したCDで面白いのが「ご当地限定シングル」なるものである。北海道・東北・関東など分かれていて発売されておりあまり考えられない発想で実に面白いと言える。

BIGMAMA(ビッグママ) グッズ情報

ロックバンドである「BIGMAMA」は東京出身のメンバー五人組のバンドだ。ボーカルの金井政人・ドラムのリアド偉武・ギターの柿沼広也・バスの安井英人・ストリングスの東出真緒がメンバーである。彼らが活動を始めたのは2001年、金井とリアド、柿沼を入れた4人で活動したのが始まりだ。元からCDを出せた訳ではなく八王子を中心にDEMOCDを発売して5年の下積みを重ねてからのCDのリリースとなった。しかし2006年7月5日に出したアルバム「short films」が大ヒット新人アーティストとしては過去にないと言われる1万枚の売り上げとなった。だがBIGMAMAの人気はとどまることを知らず2008年に出した3枚目のシングルがオリコンインディーズチャート1位となったり、サマーソニックやロックフェスに参加したりとデビューして3年足らずで一気に人気バンドまで上り詰めた。どのバンドも下積み時代はあるがBIGMAMA程急激に人気を見せたバンドは多くないだろう。一度活動を始めた時のメンバーが抜けており一時的に活動を休止した時もあったがそんな事は感じさせないメンバーの統一感とボーカルの金井の高めの歌い方、そしてこのバンドの歌詞はファンを共感させ引き寄せてるからこその人気なのだろう。