ティンカーベルのグッズ一覧

ティンカーベルは、1953年2月5日にアメリカで公開されたディズニーの長編映画である「ピーターパン」に出てくる妖精。子どもの手のひらに乗るくらいの大きさ。ティンカーベルの妖精の粉を浴びた時に「空を飛べる」と信じていれば、空を飛ぶことが出来る。映画内では具体的なセリフはないが、全身を使って喜怒哀楽をしっかりと表現し、表情豊かでとても愛らしい。小さな子どもからだけではなく、学生や20・30代の女性からも人気が高く、その層をターゲットにしたグッズも販売されている。マグカップやボールペン、ハンドタオルなどに描かれているティンカーベルの表情も豊かで、笑っている・怒っているなど自分好みの表情のグッズを選ぶことが出来る。

1〜144件目

1〜144件目

ティンカーベル グッズ情報

ティンカーベルは、ディズニーの14本目の長編映画である「ピーターパン」に出てくる妖精。愛称はティンクで、主人公であるピーターパンからはこのように呼ばれている。きれいな金髪と黄緑色のドレスが特徴的で子どもの手のひらに乗るくらいの小さなキャラクター。ティンカーベルの妖精の粉を浴びると空を飛べるのだが、「飛べる」ということを信じる心を持っていなければ飛ぶことが出来ない。純粋、素直、勇敢な心を持っていれば空を飛べるという魔法のような設定が夢の国であるディズニーにぴったりである。ティンカーベルには実在する人間のモデルがいることでも有名で、映画を製作するにあたり、そのモデルの動きや表現を基にアニメーション化している。ティンカーベルが嫉妬しているシーンや喜んでいるシーンなど、表情豊かに描かれている秘密がここに隠されているのではないだろうか。ピーターパンが公開した1953年以降、ティンカーベルの人気は絶えず、2008年12月23日にはティンカーベルを主人公にした「ティンカー・ベル」、2009年12月23日には「ティンカー・ベルと月の石」がアニメーションとして公開された。東京ディズニーランドの夜の人気パレード「エレクトリカルパレード」にも登場し、小さな子どもから大人まで幅広い年齢の人々から人気。