ウォーリー(WALL-E)のグッズ一覧

「ウォーリー」は2008年に公開されたアメリカの長編アニメーション映画でピクサーとウォルトディズニーが制作した作品だ。映画ではウォーリーの恋と冒険も描がかれたファンタジーアニメとなってる。ウォーリーの姿形は一昔前のロボットとなっていて、何とも愛くるしいロボットだ。一方、もう一人のロボットイヴは近未来型で白くスタイリッシュなモデルとなっている。この対比が見る人を引き付け、ウォーリーは人間味あるロボットに映し出されている。この映画の関連グッズはピクサーから出されている映画の関連読本やパンフレットなどがある。そのほかに「ウォーロー」と「イヴ」のフィギュアセットやオーナメントなども販売されている。そのほかにも手や顔が自由自在に動く「ウォーリー」のおもちゃなども子どたちに人気となっている。

ウォーリー(WALL-E) グッズ情報

「ウォーリー」は2008年に公開されたアメリカの長編アニメーション映画でピクサーとウォルトディズニーが制作した作品だ。西暦2700年の荒廃した地球と広大な宇宙を舞台に人間たちが宇宙へと移り住んだあとにゴミだらけとなった地球に派遣された「地球型ゴミ処理ロボット」。しかし時が流れると同時にこのロボットたちは次第に減り残ったのは「ウォーリー」ただ一人となっていた。毎日の任務の中にもウォーリーには楽しみ方があり、ゴミの中から興味があるものがあれば大事に自分の家と持ち帰りコレクションにしていた。ウォーリーの憧れは古いビデオテープの映像に映し出されるダンスをする男女の姿だった。ある日、自分とは全く異なる白いロボット「イヴ」と出会う。「イヴ」は強力な光線を手から出すのだが、彼女の任務は「極秘」で教えてはくれなかった。映画ではウォーリーが掃除中に見つけた一つの植物を巡り、大騒動へと発展する。宇宙で生活し、コンピューター任せにしていた人間が、この一つの植物が見つかったことで人間とは何かということを思い出すきっかけになり、再び地球へ戻ろうと決意させる。また映画ではウォーリーとイヴの恋と冒険も描がかれたファンタジーアニメとなってる。