メロン熊のグッズ一覧

メロン熊は、北海道夕張市の北海道物産センターのマスコットキャラクター。頭の形がメロンになったクマの姿をしている。メロン熊は、夕張のおいしいメロンを食い荒らしてメロンの形に変貌したフルーツアニマル。2009年に夕張店店長の考案によりグッズが販売されるとインパクトのあるキャラクター性が受け、多くの人気を集めた。2012年に夕張で開催された日本SF大会において、参加者の投票よりメロン熊が暗黒星雲賞の自由部門を受賞した。そんなメロン熊のグッズは、怖い顔を活かしたマスクや、熊の手、ラバーストラップ、表札、ペンケース、タオル、ボクサーパンツ、ぬいぐるみ、うちわなど多彩なラインナップ。オタキャンプで怖可愛いメロン熊グッズを入手しよう!

グッズがありません

メロン熊 グッズ情報

メロン熊は、北海道夕張市のゆるキャラである。ご当地ゆるキャラではあるものの、見た目は全くゆるくなく、怖いゆるキャラとして全国的に人気を博している。メロン熊は、夕張の農家を荒らし、おいしいメロンを食い荒らしたクマが変貌したキャラクターである。なぜメロン熊へと変貌したのか、なぜ凶暴化したのかはは未だに不明だという。あまりの見た目の怖さから子どもたちが泣き出す事態が続出し、その異端児ぶりが全国的に話題となった。キャラクターグッズのイラストでは、マスクメロンからクマの顔と手足、尻尾が出ているが、着ぐるみでは、加えて胴体があり手足が付いている。可愛くデフォルメされた「マイルドなメロン熊」も存在するが、リアルにヒグマを表現した「凶暴化したメロン熊」のが今や有名である。刺激すると鋭い牙で噛み付くパフォーマンスが人気で、せんとくんなど他のゆるキャラにも噛み付いている。メロン熊は、子どもよりも大人に人気がある。ご当地ゆるキャラが飽和状態となっている中で、可愛いゆるキャラに飽きた大人たちが、メロン熊の刺激の強い見た目にハマっているという。唯一無二のゆる怖キャラとして今後も愛されていくだろう。

メロン熊が好きな方はこんなグッズもおすすめ