ピーターラビットのグッズ一覧

ピーターラビットは、1902年「ピーターラビットのおはなし」に登場するウサギのキャラクター。生みの親はイギリスの絵本作家であるヘレン・ビアトリクス・ポター。ピーターラビットは、擬人化されているキャラクターで、水色の洋服やエプロンを着ている姿で描かれている。日本でもこのシリーズの本は有名になり、様々なイメージキャラクターとしても起用された。図書カードやキューピーマヨネーズの瓶入りマヨネーズのパッケージなどは特に注目された。優しい雰囲気が伝わってくるような柔らかい絵で描かれているため、販売されているグッズも女性に人気で、食器、文具、人形など様々な商品になっている。作者であるビアトリクス・ポター生誕150周年のお祝いに「150周年記念プレート」も販売されている。

1〜144件目

1〜144件目

ピーターラビット グッズ情報

ピーターラビットは、イギリスの絵本作家であるヘレン・ビアトリクス・ポターが生み出したウサギのキャラクター。ウサギと言っても擬人化されているため水色の洋服やエプロンを着ている姿で描かれている。初めて出版されたのは1902年「ピーターラビットのおはなし」で、イタズラ好きのピーターラビットが、マグレガーさんの庭でいたずらをし、見つかって怒られるがそこから脱出して逃げたというストーリーである。この本は世界的に有名になり、36もの言語に翻訳されて4500万部も売れたベストセラー作品。その後、ネコやネズミなど多くのキャラクターが主人公として登場するピーターラビットの絵本シリーズ24冊となり、100年以上たった今でも有名である。この中でピーターラビットが登場するのは6つの作品。1971年にはバレエ映画である「ピーターラビットと仲間たち ザ・バレエ」が公開され、1978年には日本でも公開された。日本の子ども達から人気を集めるようになったのは、フジテレビ系の教育番組「ひらけ!ポンキッキ」、「ポンキッキーズ」でコーナーアニメが放映されより有名になる。図書カードの柄やテーマパークや動物園のイメージキャラクターにもなり、日本でも誰もが知っているキャラクターになった。