ペネロペのグッズ一覧

ペネロペは、2003年にフランスで出版された絵本シリーズ。日本では2005年に出版されている。ペネロペの作者は「リサとガスパール」でお馴染みのアン・グットマン。主人公ペネロペは女の子でありながら体色が青色で、中性的なキャラクターになっているのが特徴だ。物語の内容は基本的に「3~4歳の児童向け」になっているため、子どもたちが読みやすい優しいストーリーになっている。そんなペネロペのグッズは、子供向けグッズが多く、布絵本や、ランチケース、水筒、巾着、キルティングバッグなど。オタキャンプでペネロペの可愛いグッズを手に入れよう!

グッズがありません

ペネロペ グッズ情報

ペネロペは、フランスで圧倒的な人気を誇る絵本のキャラクターである。ペネロペは、3歳の小さなコアラの女の子である。絵本は、うっかりやさんのペネロペが、幼稚園にパジャマで出かけようとしたり、靴下を手にはめてみたりと愛らしい失敗をしていく姿を通して、日々の素晴らしさを描いている。キャラクターは、リサとガスパールで有名なアン・グットマンが描いており、温かみのある優しいタッチが人気である。ペネロペのぬいぐるみのような姿はとても愛らしく、他のキャラクターもまた魅力的である。近年では、キャラクターグッズも多数展開されており、子どもから大人まで幅広く愛されている。2015年には、ペネロペをコンセプトとしてカフェも渋谷に登場した。2016年には、日本の人気キャラクターであるハローキティとのコラボも実現している。「ペネロペとキティが友達になり、キティがロンドンからペネロペが住むパリ近郊に来て、ペネロペの家で一緒にリンゴケーキをつくる」というストーリーのもと、バッグや文房具など商品展開された。うっかりやさんでも日々を楽しく過ごしているペネロペの姿に、全世界の人々が魅了されているのである。