デスノートのグッズ一覧

映画「デスノート」は原作、大場つぐみの漫画、「DEATH NOTE」を原作とし、2006年に公開された。漫画は2003年に週刊少年ジャンプに連載され、名前を書いた人間を殺すことができる死神のノート、「デスノート」を使って犯罪者を抹殺する夜神月と世界一の名探偵と言われるLによる頭脳戦が描かれている。このデスノートは2015年には日テレの日曜ドラマとして放送され、若者を中心に人気となった。また関連グッズとしてはネックレスやキーホルダー、文具や死神リュークがプリントされたマグカップなど多数のアイテムが販売されている。さらにこの夏、大阪にあるアミューズメントパーク、USJではデスノートの体験謎解きアトラクションも人気となっている。最初の映画が公開されてから10年となる今年10月、続編となる映画が公開される。キャストは捜査官に東出昌大、探偵役を池松壮亮、そしてハッカー役に菅田将暉といった実力派若手俳優たちが演じる。

1〜144件目

1〜144件目

デスノート グッズ情報

「デスノート」はある日、大学生の夜神月は死神、リュークが落とした「デスノート」を拾う。「デスノート」はノートに名前を書くとその人物が指定した通りの死に方をするというものだった。月はノートに罪を犯した人物を次々に書き自分なりの成敗を行っていく。月が手がけた成敗は、ネット上では「救世主、キラ」と崇められていく。そんな中、キラ事件を捜査するため派遣された探偵Lはこの殺人は月の仕業だと疑い始めるのだった。自分自身が疑われ始めていることを知った月は自ら「キラ逮捕に協力したい」と名乗りでて、自ら父親が指揮をとる捜査本部の捜査陣の仲間に加わり、自分を疑っているLと対面するのだった。そんな中、リュークとは別の死神、レムのデスノートを手に入れたアイドル、弥 海砂は顔を見るだけで相手の名前と寿命が見える「死神の目」をもった。救世主、キラを崇拝している海砂は第2のキラとしてキラを否定するものたちを殺していくのだった。海砂と手を組んだ月は彼女を使ってLの本名を知り、デスノートで抹殺しようと計画するがLによってこの計画が暴かれてしまう。死神、リュークに見放された月はその、絶命してしまう。Lもまたキラを逮捕するため死亡の日時を20日後と書き込んでいたため死に至るのだった。