ちはやふるのグッズ一覧

「ちはやふる」は末次由紀原作の競技かるたに没頭する少女の青春が描かれたマンガを「タイヨウのうた」や「カノジョは嘘を愛しすぎている」などを手掛けた小泉徳宏監督が実写映画化したものだ。コミックスの累計発行部数は1400万部を突破する大人気コミックを広瀬すずや野村周平ら若手人気俳優が演じている。競技かるたは百人一首の句を覚える記憶力が必要とされるのはもちろんのこと瞬時に札を払うための瞬発力や長時間の試合を戦い抜く気力、精神力が求められ、「畳の上の格闘技」とも言われているのだ。映画「ちはやふる」の関連グッズとしては下敷きやトートバック、ハンドタオルなど様々なアイテムが販売されているが、どれも人気で現在完売となっている。また映画は続編が制作されることが決定しており、2017年春に撮影を始めることが発表されている。

1〜144件目

1〜144件目

ちはやふる グッズ情報

「ちはやふる」は幼馴染の千早、太一、新は仲良し3人組でいつも一緒にかるたを楽しんでいた。千早は新のかるたにかける情熱を知り、夢を持つことを教えられたのだった。しかし、小学校卒業とともに3人は離れ離れになるのだった。一人で競技かるたを続けていた千早は高校の時太一と再会し競技かるた部を作り全国大会を目指すのだった。全国大会に行けば小学生の時の幼馴染、新に会えるかもしれないと信じる千早は弱小チームながら全国大会をめざし練習に励み、東京都予選に挑むのだった。そして第2部では創設1年ながら強豪北央学園に勝利し、東京都大会で優勝を成し遂げた千早たちが全国大会に舞台を移してストーリーははじまる。千早は新に東京大会の優勝報告をした際、新からかるたはもうやらないと報告を受けるのだった。ショックを受ける千早だったが全国大会に向けて仲間たちと練習に励むのだった。そして全国大会では千早たちは東京代表として団体戦に挑むも千早のトラブルで早々に敗退してしまうのだった。そして注目の個人戦では千早は競技かるたのクイーン、若宮詩暢と対戦するのだった。序盤は手も足もでない千早だったが終盤に底力を見せた千早は詩暢から2枚の札をとることに成功した。試合の結果は負けてしまうのだが、「かるたをやめる」と言っていた新は千早の姿を見てかるたを再開することを決めるのだった。そして物語は続編へと続いていく。