めぞん一刻のグッズ一覧

「めぞん一刻」は「ビックコミックスピリッツ」で1980年に連載された高橋留美子によるラブコメディ漫画である。時計坂という街にある「一刻館」という名の古いアパートの住人、五代祐作と管理人としてやってきた若い未亡人、音無響子を中心とした6年半のラブストーリー。コミックで連載が始まり人気が出た後テレビアニメとしても放送され、その後実写化されている。関連グッズも多く販売されていて、マグカップやキーホルダー、原画などのほか、高橋留美子の出身地新潟県の酒蔵では響子の白無垢姿をラベルにデザインした大吟醸が販売されるなど酒どころ新潟ならではの商品ラインアップもそろっている。その他にも「めぞん一刻」の住人達が勢ぞろいしているフィギアなども商品化されている。また、ガチャポンでも個性豊かなキャラクターが出てくるなど、ガチャポンのコレクターも多い。

1〜144件目

1〜144件目

めぞん一刻 グッズ情報

「めぞん一刻」はこの下宿の管理人としてやってきた音無恭子は高校時代に出会った担任の総一郎と恋をし結婚するものの夫に先立たれてしまっていた。夫のことが忘れられず未亡人を貫いていた。そんな恭子に一目ぼれしたのが下宿人の1人、五代祐作である。物語では五代と恭子の6年半にわたる恋の駆け引きを時には面白く、時には胸が熱くなる話題で物語が続いていくのだ。一つのエピソードとして6年半の間に五代は何人かと付き合い、その都度、響子の存在が気になる。響子もまた五代が女性と付き合い始めると気になるのか、どうしても五代に冷たく接してしまうのだった。しかしストーリーの根底となっているのは五代と響子、そして惣一郎との三角関係なのだ。物語の中では「すれ違い」や「勘違い」によって五代と響子との間でたびたびいざこざが起きてしまう。一行に2人の関係が進まない中、読者はそのストーリーの世界へと引き込まれていくのだ。五代と音無響子が織りなす恋愛模様について周囲を取り巻く個性豊かな住人たちがいい感じで彼らの背中を押し、2人の恋愛を成立させていくのである。こうした人間ドラマを高橋留美子がリズミカルでコミカルな展開で描いた純愛マンガだ。