おもひでぽろぽろのグッズ一覧

映画「おもひでぽろぽろ」はスタジオジブリが製作したアニメ映画。自分の少女時代を振り返りながら精神的に自立してゆく平凡はOLの姿を27歳のタエ子と小学5年生のタエ子の2つの時間軸で流れるストーリーで描かれている。映画「おもひでぽろぽろ」のグッズは絵本をはじめ、単行本など様々な形で売り出されている。また、ボールペン、ポストカード、ノートといった文具をはじめミニタオルや手ぬぐいなどのアイテムも販売されている。また映画のキャストも主人公のタエ子を今井美紀、トシオを柳葉敏郎など豪華メンバーが担当している。映画のストーリー自体に派手なアクションなどはありませんが、1人の女性の気持ちの揺れ動きや移り変わりなどが繊細に盛り込まれた映画となっている。

1〜144件目

1〜144件目

おもひでぽろぽろ グッズ情報

映画「おもひでぽろぽろ」はスタジオジブリが製作したアニメ映画。家族でお父さんの買って来たパイナップルを食べるシーンが印象的で、映画を見ながら子ども時代を思い起こす人も多いのではないだろうか。東京生れの東京育ち、東京でひとり暮らしをしている27歳のOL,岡島タエ子は農業に興味をもっており休暇を利用して義理の兄が営んでいう山形の農家へと向かう。寝台列車で揺れる中、彼女の前にはいつしか小学5年生の自分が現れ始めるのだった。そうした中タエ子は山形い到着していて、迎えにきてくれていた2つ年下のトシオと出会うのであった。田舎についたタエ子は10日間の滞在期間を使って色々な農作業を手伝うこととなった。タエ子は農作業を体験することで自然の中での生活に惹かれていった。そして有機農業に真剣に取り組んでいるトシオの姿にもまた惹かれていくのであった。休暇も終わり東京に向けて帰っている途中、電車の中で再びタエ子は小学5年生の自分と出会う。このまま東京に戻ってしまっていいのかと悩んでいたその時、小学5年生のタエ子が手をとり気づけば電車から降りていたのである。同時にトシオもまた駅に向かって走ってきているところだったのだ。