カールじいさんの空飛ぶ家のグッズ一覧

「カールじいさんの空飛ぶ家」はピクサー・アニメーション・スタジオが製作した2009年に公開された映画だ。「モンスターズ・インク」のピート・ドクターと「ファインディング・ニモ」のボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメーションだ。冒険家への夢をあきらめきれずにいる78歳の老人に驚きの出来事が巻き起こるさすがのピクサー制作の映画だけに映像が色彩豊かでファンタジーあふれる物語となっており、大人から子供までが楽しめるストーリーとなっている。映画の関連グッズとしては冒険にいっしょに同行する犬のぬいぐるみ。このぬいぐるみは口元にあるテニスボールを引っ張るとブルブル震える仕組みになっている。そのほかブルーレイディスクなども人気の商品の一つだ。

1〜144件目

1〜144件目

カールじいさんの空飛ぶ家 グッズ情報

「カールじいさんの空飛ぶ家」はピクサーによる映画。主人公が頑固なおじいさんと少し太った少年というところが他のアニメ映画ではあまり見ない特徴的な点である。物語のはじめは主人公のカールじいさんと亡き妻エリーのストーリーが無音で描かれるが、二人の過ごしてきた日々を観て思わず感動してしまう人も多いだろう。勇敢な冒険家、チャールズ・マンツに憧れる少年カールは一軒の空き家で同じく冒険家好きでマンツに憧れる少女エリーと出会っい意気投合する。成人した2人はやがて結婚し、初めてであった空き家を新居として住み始める。2人の夢は冒険家、マンツが行方不明になった伝説の滝「パラダイス・フォール」に行くことだった。しかし、エリーはカールを残して先立ってしまうのだった。1人になったカールは家に閉じこもり、町の開発によって立ち退きを迫られていたがエリーとの思いでが詰まった家を手放す気はなく、人を寄せ付けなくなってしまった。ひょんなことから立ち退きを迫る相手にけがをさせてしまい、立ち退きせざるを得なくなったカールは家を風船で持ち上げパラダイスフォールを目指して飛び立つのだった。そんな時、少年ラッセルが家に入り込んでいることを知り、いっしょに冒険へと出かけるのであった。