コクリコ坂からのグッズ一覧

「コクリコ坂から」は佐山哲郎の原作、高橋千鶴の作画によるマンガを原作としてスタジオジブリが製作した2011年に公開されたアニメ映画だ。「ゲド戦記」以来宮崎五郎監督が5年ぶりに演出を手がけた作品となっている。時代は1963年の横浜にある下宿、コクリコ荘が映画の舞台となっている。16歳の松崎海と17歳の風間俊の愛と友情が描かれた物語と由緒ある建物、「カルチェラタン」の取り壊しを巡る高校生の奮闘ぶりを軸に真っ直ぐ生きる高校英たちの青春がさわやかに描かれている。映画関連グッズとしてはパンフレットや映画の中で海が使っている信号旗のピンバッジ、フィギュア、ステッカーなど様々アイテムが販売されている。この映画は子供向けというよりも大人がみてそのストーリー性とどこか懐かしい風景などに魅了されるのではないか。

1〜144件目

1〜144件目

コクリコ坂から グッズ情報

「コクリコ坂から」は佐山哲郎の原作を元にスタジオジブリが制作した映画。タイトルの「コクリコ」はフランス語でひげなし、主人公の海は仲間から「メル」と呼ばれているがこれもフランス語に起因するものである。下宿屋の孫、海は毎朝、下宿人と妹たちの朝食を用意し、洗濯などを済ませて高校に登校している。ある日、学校の新聞部が作った記事に自分のことが掲載されていることを知り、新聞部がある建物、「カルチェタン」で新聞部の部長、風間俊と出会うのだった。彼は古くなった「カルチェタン」の取り壊す話が進む中、建物存続するよう学校に働きかけていたのだ。ある日、俊が海の住む下宿を訪れたとき、海の部屋に飾ってある父親とその友人たちの写真を見て俊は固まってしまう。実は海と俊の間にはある隠された事実があった。海と俊はお互いを気にする間柄になるが、俊はその写真を見てからというもの海に対してそっけない態度を続けるのだった。俊は海が兄妹ではないかと疑い始めていたのだったが真実は違っていた。主人公となる少年少女の声を担当するのは長澤まさみと岡田准一。さまざまな価値観が交錯する戦後の行動成長期を背景に現代を生きることの意味を見つめていくストーリーが共感を呼ぶ。