紅の豚のグッズ一覧

「紅の豚」はスタジオジブリが製作した長編のアニメ映画として1992年に公開されました。監督はアニメーション界の巨匠、宮崎駿さん。舞台はイタリアの世界大恐慌の時代、飛行艇を乗り回す空族とそれを相手の賞金稼ぎしている豚の姿をした退役軍人操縦士の物語です。一度見ると何度でも見返したくなる映画の一つで、子供向けに作られたアニメーション映画とは少し違った視点で制作されています。グッズも子供むけよりも大人向けに販売されているものが多く、ポルコ・ロッソが愛用していた深紅の飛行艇をイメージした真っ赤なメタルカードケースやスタイリッシュな栓抜き、そしてシックなブラックでつくられたメタルカードケースなどが販売されています。そのほか、紅の豚、マルコの変装グッズなども販売されています。

1〜144件目

1〜144件目

紅の豚 グッズ情報

紅の豚の舞台はイタリアの世界大恐慌の時代。深紅の飛行艇を操る豚のポルコ、本名マルコ・パゴットはかつてイタリア空軍きっての名操縦士でしたが、いまとなっては空中海賊の退治する賞金稼ぎとして生活していました。敵対する空賊連合が長年の恨みを晴らすためにアメリカ人カーチスを雇います。ミラノの道中ポルコはカーチスの攻撃を受けて大事な深紅の飛行艇を大破されてしまいます。ポルコは飛行艇の修理依頼を馴染みのピッコロ社に依頼、その時孫娘のフィオと出会います。ポルコはフィオが設計した飛行機でカーチスとの決闘が組まれます。しかし、この決闘当日、イタリア空軍がこの決闘の日を狙ってポルコとカーチスを襲撃しようと企てていました。それをしったヒロインのマダム・ジーナがこの危機を知らせに決闘の場所に駆けつけると、飛行艇による決着はつかず決闘は殴り合いにもつれ込みます。この決闘、ポルコが辛うじて勝者になります。その後、フィオはピッコロ社を継ぎ有名な設計士に成長し、カーチスはハリウッドスターになります。映画ではポルコが人間に戻ったのか、ジーナと結ばれたのかは明かされません。映画のヒロインでもある、マダム・ジーナの声を加藤登紀子さんが演じ、映画の主題歌も担当し話題となりました。