思い出のマーニーのグッズ一覧

「思い出のマーニー」はイギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学作品を基に「借りぐらしのアリエッティ」などを手掛けた米林宏昌が監督を務めて制作したアニメーション映画だ。心を閉ざした杏奈が青い窓がある屋敷に暮ら金髪の少女・マーニーと出会い、不思議なひと夏を過ごすファンタジー作品だ。映画の関連グッズも豊富で、マーニーの日記帳、杏奈のスケッチブック、映画公開記念に発売された腕時計や下敷きなどには杏奈とマーニーの二人が描かれている。各地では映画「思い出のマーニー」の原画展などが開催されているがその人気ぶりは全国に広がっていて、どこも長打の列ができるほどのファンが詰めかけている。原画展と同時に映画に登場するセットが等身大で再現されていて、これもファンは映画の中に飛び込んだかのような気にさせる。

1〜144件目

1〜144件目

思い出のマーニー グッズ情報

「思い出のマーニー」はジブリのアニメーション映画。物語は心を閉ざした少女、杏奈がぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやってくるところからはじまる。彼女の目の前に誰もいない屋敷に青い窓に閉じ込められてきたきれいなブロンドの少女、マーニーが姿を見せる。その出会い以来、杏奈の身のまわりでは立て続けに奇妙な出来事が起きるようになるが、それは二人だけの秘密だった。そんな中、たびたび湿地屋敷の絵を描き続ける高齢の女性、久子と親しくなった。と同時に湿地屋敷に東京からやってきた一家が家の改修をして住むことになったのだ。その家のさやかは屋敷を見つめる杏奈に「マーニー」と声をかけて杏奈を驚かす。さやかはかつてマーニーの部屋だった場所からある日記を見つける。杏奈は日記を読みこれまで起きてきた不思議な出来事が日記に書かれていることに驚くのであった。そして少しずつ当時のことがわかり始めるのだった。あの高齢の女性、久子はマーニーと友達だったこと、マーニーにまつわる悲しい過去を久子から教えてもらい、自分が生まれたときに祖母でもあるマーニーに育ててもらったことなどを知るのだった。