借りぐらしのアリエッティのグッズ一覧

借りぐらしのアリエッティ」はメアリー・ノートンのファンタジー小説、「床下の小人たち」を基に古い家の台所の下に暮らす小人一家の物語をスタジオ・ジブリが2010年にアニメーション映画として制作した映画だ。映画の関連グッズとしては一番注目したいのは映画の中で「借り」に出かえるときにアリエッティが人間用の洗濯バサミで髪の毛をしばるシーンがでている。印象的なシーンで人気なのかアリエッティの洗濯バサミが販売されている。そしてユニークなのが映画のアリエッティたちが暮らしていた部屋をペーパークラフトで借りくらしのアリエッティの部屋がデザインされている。そしてDVDは今でも人気となっていて、赤を基調としたトートバックもシンプルでかわいらしいデザインとなっている。

グッズがありません

借りぐらしのアリエッティ グッズ情報

「借りぐらしのアリエッティ」小説を元にした、スタジオジブリによるアニメ映画である。ファンタジーながら「本当にあるのでは?」と思わせる設定で、見ているとわくわくする設定だ。郊外に広大な庭のある古いお屋敷があった。その床下でもうすぐ14歳になる少女、アリエッティは父のポッドと母のホミリーの3人で静かに暮らしていた。アリエッティたちは床上に住む人間たちに気付かれないように少しずつ石鹸やクッキー、砂糖などを生活に必要なぶんだけ借りて暮らしていた。そんなある日、病気の療養のため12歳の少年、翔がやってきた。人間に見られてはいけない、見られたら引っ越しを余儀なくされるのは小人たちの掟だったが、アリエッティは12歳の翔に姿を見られてしまう。アリエッティ一の父親は引っ越す場所を探しに出かける。そんな時、屋敷の床上に住んでいる人間でお手伝いのおばさんが小人を捕まえようとやっきになっていた。しばらくは小人については半信半疑だったが主人が大事にもっていたドールハウスからハーブのいい香りがしことで小人の存在に確信をもったのだった。小人駆除にがんばるお手伝いとはうらはらに翔はアリエッティたちを助けようとがんばるのだった。

借りぐらしのアリエッティが好きな方はこんなグッズもおすすめ