風立ちぬのグッズ一覧

「風立ちぬ」は宮崎駿の漫画、「風立ちぬ」を原作とした長編アニメーション映画で、2013年に公開された。実在する人物、堀越二郎をモデルにその半生を描いた作品である。日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞にも輝いた。宮崎駿監督はこの作品を最後にアニメ制作からの引退を表明した。風立ちぬをデザインしたグッズも様々な商品がそろっている。二郎が開発した飛行機の置物やプラモデル、そして菜穂子が描かれているノートやボールペンといった文具なども販売されている。さらに二郎が身に着けている丸メガネや菜穂子が使っていたパラソルなども商品化されている。またオルゴールなども販売されていて、映画を思い出すラインナップとなっている。

グッズがありません

風立ちぬ グッズ情報

「風立ちぬ」は大正から昭和にかけての日本が舞台となっている。航空機設計者である堀越二郎は実在する人物である。彼はイタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬しいつしか飛行機を作り上げたいという夢を抱いていた。二郎が勤め先に向かう汽車の中でヒロインの菜穂子に出会うのだった。二郎は菜穂子の女中を助けるが名前も言わずに立ち去ってしまうのだった。その後、休暇で訪れた長野県で二人は再会し恋に落ちるのだった。ただ彼女は結核にむしばまれていたのだ。結核を治すべく菜穂子は遠く離れた診療所で暮らしていたがどうしても二郎と一緒にいたいとの思いから病気を患いながら二人は結婚し一緒に暮らすこととなるのだ。しかし二郎は飛行機の開発で忙しくなかなか家に帰れないのだった。だが菜穂子はそんな二郎の姿を見るのが大好きだった。しかしその時は一刻一刻と迫っていた。亡き妻のあと日本は戦争に負け、終戦を迎えるのだった。二郎は自分が作った飛行機で数えきれない人たちが死んでしまったことを後悔する日々が続いていたのだった。そんなとき二郎は妻、菜穂子の姿を見るのだった。菜穂子は二郎に「生きて」と言い微笑むのだった。そして二郎は泣きながら「生きねば」と思うのだった。これまで宮崎監督の映画は子供向けのストーリーが多かったが、この「風立ちぬ」は大人に向けたメッセージを強く感じた作品となっている。そして観る人たちへ「戦争とは何か」を問いかけているようだ。

風立ちぬが好きな方はこんなグッズもおすすめ