平成狸合戦ぽんぽこのグッズ一覧

「平成狸ぽんぽこ」は1994年にスタジオジブリが制作し、監督、脚本を高畑勲が手がけてたアニメ作品。開発が進む多摩ニュータウンを舞台に人間による自然破壊から自分たちの住処を守ろうと狸たちが力を合わせて人間に抵抗を試みる様子を描いている。映画「平成狸ぽんぽこ」の関連グッズといえば、ポスターやタヌキの土鈴、ジクソーパズルなど映画に登場する狸たちが描かれているデザインのものが多い。今となっては珍しいテレフォンカードも今なお販売されている。舞台は東京都の昭和40年代の様子がしっかりと再現されている。一見狸が主人公の子供向けの映画と思いきや、自然破壊や動物との共存など考えさせられるテーマからなる作品だ。

1〜144件目

1〜144件目

平成狸合戦ぽんぽこ グッズ情報

「平成狸ぽんぽこ」は1994年にスタジオジブリが制作したアニメ作品。主人公は狸たちで、都市開発と戦う彼らの姿が描かれている。昔ながらの自然がいまだに残る東京都の多摩丘陵には狸たちがのんびりと平和に暮らしていた。しかし、宅地造成によって自然破壊がはじまり狸たちのエサ場が次第に少なくなっていった。自分たちの住処を守るため狸たちは先祖から伝わる「化け学」という変化する能力を駆使し人間たちに立ち向かうことを決めるのだった。長老狸たちの指導のもと妖怪に変身して人間たちを怖がらせ、人間を多摩に近づけないようする計画を実行します。この計画は成功したかに思えましたが、人間たちはこの妖怪伝説を利用し、レジャーランドの建設を企てるのだった。打つ手なしの狸にたちに声をかけたのは狐の一族だった、狐たちは変化の術を使って人間になりすまし、人間社会で生活していたのだった。狸も同じことをしようとしたが、適合できない狸がでてきた、そこで狸たちは人間に成りすませるものは人間社会で暮らしていくことを決意した。また適合できない狸たちは多摩ニュータウンに少し残った緑の敷地で生活する道を選ぶのだった。