アラレちゃんのグッズ一覧

「Dr.スランプ アラレちゃん」は週刊少年ジャンプ上で連載されていた人気漫画「Dr. スランプ」を原作とするテレビアニメ。作者はドラゴンボールやドラゴンクエストシリーズの原画などで世界的に有名な鳥山明。1981年の4月から1986年の2月まで、約5年間にわたりフジテレビ系列で放送された。テレビアニメにおいて歴代第3位となる36.9%(ビデオリサーチ・関東地区調べ)を記録する大ヒットアニメとなった。また、東海地方においては関東や関西よりもなぜか視聴率が高い傾向にあり、40%超えも記録している。テレビアニメ終了後にも劇場版やスペシャル版が続々と放映され、終了から30年が経過した今でもファンの多くいる伝説的な作品である。余談ではあるが、1997年から1999年まで同じくフジテレビ系列で放映された「ドクタースランプ」も、「Dr. スランプ」を原作とするアニメであり、「Dr.スランプ アラレちゃん」の姉妹作的な立ち位置のアニメ作品である。

1〜144件目

1〜144件目

アラレちゃん グッズ情報

Dr.スランプ アラレちゃんのアニメ化の際には、制作会社や在京キー局までもがアニメ化の権利をめぐって激しい争奪戦を展開した。今でこそ多くの漫画作品がアニメ化し、ヒットを収めているが、当時は主たる読者がアニメを見ることで満足してしまい、連載誌や単行本の売り上げが落ちてしまうのではないかなどの懸念から、多くの出版社が作品のアニメ化に躊躇していた。そうした中でフジテレビで当時編成局長であった日枝久が幾度も集英社へ足を運び、熱心な交渉を繰り広げ、集英社側がフジテレビにアニメ化を許諾した。先ほどの懸念とは裏腹に、アニメ化後は「Dr. スランプ」の単行本の売り上げが大幅に増え、キャラクターなどの版権収入などもあいまって莫大な相乗効果が集英社に入った。これ以降、「ドラゴンボール」や「ONE PIECE」など集英社の代表的作品が積極的にアニメ展開されることとなった。
基本的には漫画原作を忠実に再現しつつも、細かい設定や内容の変更などをしている作風である。特にウンチが毎回のように登場し、民間団体から抗議が寄せられ、とぐろを巻いた蛇などで代替していたが、後に大々的にウンチを扱うようになり、その際は色をポップなものにするなどの配慮がなされた。
本作の人気は伝説的といってもよいほどで、「Dr.スランプ アラレちゃん」が放映される以前に民放視聴率で独走していた「霊感ヤマ感第六感」という番組がアラレちゃんの好視聴率に押されて番組終了に追い込まれたほどである。