おじゃる丸のグッズ一覧

「おじゃる丸」は、1998年から放送された「ぎゃろっぷ」制作のアニメ。ストーリーは、現代の月光町に、1000年前のヘイアンチョウ妖精界の貴族の子である坂ノ上おじゃる丸がやって来て、その町に住む男の子・カズマの家に居候。そのときに一緒に持ってきたエンマ大王のシャクを取り返そうと、大王の子分である子鬼トリオもやってきて愉快な騒動を巻き起こすというもの。既に原案者である犬丸りんは亡くなっているが、視聴者の多くから放送の続行を望む声が集められ、休止を挟みつつも本作の放送期間は15年を超えている。15周年を迎えたときは、「忍たま乱太郎」とのコラボ企画も行われた。関連グッズには、子供向け商品が充実しており、ぬいぐるみやマグカップ、キラ箔シールなどが取り揃えられている。

グッズがありません

おじゃる丸 グッズ情報

「おじゃる丸」は、ヘイアンチョウ妖精界の貴族の子である坂ノ上おじゃる丸が、ひょんなことから月光町に降り立つことで巻き起こる騒動を描いたもの。そのおじゃる丸は、エンマ大王のシャクを奪って現代に逃げ込んでおり、そこで偶然出くわした男の子・カズマの家に転がり込む。貴族の世界で退屈な毎日を送っていたおじゃる丸は、現代で目にする全ての物に目を輝かせ、とりわけプリンを気に入ってプリンのために現代に居座る事を決めたほど。しかし、シャクを奪われたエンマ大王も黙ってはおらず、自身の子分となる子鬼のトリオ(アオベエ、アカネ、キスケ)を送り込み、そのシャクを巡って月光町で愉快な騒ぎが起こる。また、番外編ストーリーとしておじゃる丸たちが、昔話(さるかに合戦、赤ずきんなど)のパロディを演じることもある。本作は休止を挟みつつも15年という長い放送期間をもち、その人気はアニメに留まらず、漫画、映画、ゲーム、舞台と多くのメディアミックスが展開された。中でもゲーム化は7作品もリリースされるなど人気を博した。また、アニメ放送は国内だけでなく、中国や台湾を中心としたアジア地域からイタリアなどの欧州、中東などでも放送されている。