この醜くも美しい世界のグッズ一覧

この醜くも美しい世界は、ガイナックスによるオリジナルアニメ作品である。2004年4月から6月にかけて、全12話構成で放送された。高校二年生の少年・タケルは、ある日森の中で不思議な光の中から現れた少女と出会う。自分の存在すらわからない様子の彼女にタケルは「ヒカリ」という名付ける。しかしその直後、現れた巨大な怪物が彼らの前に現れ二人は窮地に追い込まれる。突然降りかかってきた非日常、謎の少女との出会い…それらはこれからはじめる「世界の終わり」の始まりに過ぎなかった。この醜くも美しい世界のグッズは、Tシャツやフィギュアなどがある。また最近ではBlu-rayBOXが発売されている。

この醜くも美しい世界 グッズ情報

この醜くも美しい世界は、漫画も発売されているが原作はアニメである。SFファンタジーちっくな作品となっており、「まほろまてぃっく」とよく似たストーリーやキャストとなっている。高校二年生の少年・タケルは、平凡な日常に飽き飽きしながらも日々を送っていた。そんなある日、森の中で不思議な光の中から現れた少女と出会う。自分の理想の女の子像そのものである少女は、自分の存在すらわからない様子であり、そんな彼女にタケルは「ヒカリ」という名付ける。しかしその直後、現れた巨大な怪物が彼らの前に現れ二人は窮地に追い込まれる。突然降りかかってきた非日常、謎の少女との出会い…必死に応戦するもピンチに陥るタケルとヒカリは、一体どうなってしまうのか。ヒカリとの出会いにより、「ED覚醒体」と呼ばれる状態となってしまうタケル。彼がこのような姿になってしまう理由とは、ヒカリは、彼女の妹として同じように現れたアカリの正体は…。絵柄と相まって、一見ギャルゲーのような作品にも思えるが、謎が謎を呼ぶ展開に加え内容はシリアスなテイストが強い作品となっている。ヒロインであるヒカリが地球の滅亡を望むものであるという、かなり異質な設定となっており、最後まで目の離せない展開が繰り広げられる。愛で世界は救えるのか、本作はこういったテーマが根底にある作品であるといえるだろう。コミカライズ版は「ヤングアニマル」にて連載されており、全3巻が発売されている。ファンはこちらも必見である。