そらのおとしもののグッズ一覧

「そらのおとしもの」は、2007年から「月刊少年エース」より連載されていた漫画。ストーリーは、平和を望むエッチな中学生の主人公・桜井智樹のもとに、自称「愛玩用エンジェロイド」であるイカロスが空から降ってきたことをきっかけに、智樹の日常が大きく変わっていくというもの。このイカロスは特殊な力を備えており、智樹の願いを何でも叶えてくれるが、イカロスの出現と智樹の見る不可思議な夢、さらには町の上空に存在する謎の大陸と平和を願うはずが、謎が深まるほどにその平和から遠のいていく。本作は2度のアニメ化を果たし、2011年と2014年にそれぞれ映画が公開された。関連グッズには、イカロスを含めたエンジェロイドのフィギュアやストラップ、タペストリーなどが販売されている。

グッズがありません

そらのおとしもの グッズ情報

「そらのおとしもの」は、「平和が一番」をモットーに生きる中学生の主人公・桜井智樹のもとに、突然空から自称「愛玩用エンジェロイド」であるイカロスが降ってくるところから始まる。そのイカロスとの出会いもつかの間、2人は鎖で結ばれてしまい、智樹の願いとは裏腹に平和な日常が少しずつ崩れていく。しかし、その一方で智樹は、イカロスの能力や道具を使って、思春期真っ只中の男の欲望を叶えては、その度に幼馴染の見月そはらに制裁を受けたりしている。その欲望に忠実で、無駄な行動力を発揮するところは女子から嫌われているが、逆に男子からの支持は極めて厚い。自分の生命の安全よりも性欲を優先させるほどの煩悩の持ち主。そんな賑やかで平和な学生生活を満喫しつつも、新たなエンジェロイドの襲来や町の上空に現れた謎の大陸「シナプス」、イカロスの失われた記憶などといった謎に迫るたびに、身近に潜む非現実を実感していくこととなる。ハートフルコメディの中に、シリアスを混ぜ込んだ本作は、2度のアニメ化と映画化を果たした。ただ、シリアス展開への入り方が急だったりするため、視聴者が置いてけぼりをくらう場面もあり注意が必要。基本的に登場人物のエンジェロイドや女の子の可愛さを楽しむ作品。