ブラックジャックのグッズ一覧

ブラックジャックは、1973年から1983年の間、週刊少年チャンピオンにて連載されたマンガ。マンガの神様と呼ばれた手塚治虫氏の作品。複数回の実写化、アニメ化、ゲーム化、舞台化など様々なメディア展開をしている。古い作品だが、文庫版マンガが定期的に発行されているので今でも新品で手に入りやすい。また、この作品を原作としたリメイクマンガも複数存在し、いわゆる「医療マンガ」の金字塔として後世に受け継がれている作品でもある。ブラックジャックのグッズは、手塚治虫キャラグッズを販売している公式オンラインショップで購入することができ、医療マンガにちなんだドクターコートやナースウォッチなどといった医療に関連したグッズがあるのが特徴。

グッズがありません

ブラックジャック グッズ情報

ブラックジャックは、医療マンガの金字塔として今もなお、話題に残る作品。医師免許を持っていないが天才的な技術を持つ闇医者ブラックジャックが様々な事情を持つ患者に医療を施していくことで「医療と生命」について考えさせられるストーリー。いわゆる「俺ツエー」とも言える作品であるが、主人公ブラックジャックが自分の力不足を痛感しているシーンもいくつか存在する。2つほど紹介していこう。まず1つ目は、恩師である本間丈太郎に対して自分の持てる力を最大限発揮して延命治療を行うものの結局亡くなってしまうシーン。幽霊となった恩師の「人間が、生きものの生き死にを自由にしようなんて、おこがましいとは思わんかね・・・」という名台詞とともにブラックジャック名シーンとしても有名。2つ目は、瀕死の患者であれば安楽死させたほうがいいという考えをもつドクターキリコが安楽死させようとした患者を、ブラックジャックが決死の手術で命を救ったのにも関わらず、その後事故ですぐ亡くなってしまうシーン。「それでも私は人をなおすんだ」という名言とともにドクターキリコへの悔しさをあらわにし、自分の無力さを痛感している。
1970年代の作品にも関わらず、今もなおリメイク作品などを通じて話題となる作品。マンガ好きであれば一度は読んでおきたい。