やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。のグッズ一覧

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(通称俺ガイル)」は渡航作の小説作品である。舞台は千葉県千葉市立総武高等学校。総武高に通う高校生「比企谷八幡」を主人公とする日常を描いたストーリーである。他にも由比ヶ浜結衣や雪ノ下雪乃など個性的なキャラクターが出演するほのぼのとしたストーリーが特徴的である。アニメは2013年より1期がスタート、主にネットで話題を呼び、2015年には2期が放映された。また宝島社によるライトノベルガイドブック「このライトノベルがすごい!」では作品部門において三年連続の1位、見事殿堂入りを果たす。キャスト陣も江口拓也、早見沙織、東山奈央など日常を描くほのぼのストーリーを得意とする有名声優陣をそろえている。

グッズがありません

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 グッズ情報

宝島社によるライトノベルガイドブック「このライトノベルがすごい!」で3年連続1位を受賞した「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(通称俺ガイル)」。高校生の学園物を描くライトノベルのジャンルでなぜこのように突出した人気を見せるのか。
まずは俺ガイルの主人公「比企谷八幡」の名言について
主人公八幡は高校初日の入学式、交通事故で入院。高校生活を最悪のスタートで始めている。そんなこともあってか、八幡はぼっちで高校生活を送っている。そんな中でぼっちを自虐するようなセリフを笑いにかえる語彙力とセンスが八幡の名言を生んでいると言えるだろう。
「ボッチは平和主義者なのだ。無抵抗以前に無接触。世界的に考えて超ガンジー。」
ボッチ経験がある人にとってこのようなセリフは、笑いとともに自分を肯定されているような不思議な感覚を覚える。
また俺ガイルではそのタイトル「ラブコメはまちがっている」の通り、リアルなシリアス展開が存在する。いじめや人間関係の問題などを八幡はぼっちであるがゆえに客観的に観察し、本質を見据えた評価をする。そういった点もリアルと比較して共感を得ているのであろう。
このようにかなりひねくれている八幡も、指導担当教諭に無理やり入れられた「奉仕部」にてヒロインたちと交際を持ちながら徐々に構成していくところも見どころである。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。が好きな方はこんなグッズもおすすめ