境界線上のホライゾンのグッズ一覧

「境界線上のホライゾン」は、2008年から「電撃文庫(アスキー・メディアワークス)」より刊行されているライトノベル。ストーリーは、現在から遠い未来、かつて神州と呼ばれていた土地の極東(日本列島)を舞台に、人々は「聖譜(前地球時代の歴史が記された歴史書)」に従って、歴史のやり直しを実行していた世界。その聖譜歴1648年以降の歴史が記されておらず、世界は終焉に近づいていた。そんな中で、極東唯一の独立領土である巨大航空都市艦「武蔵」では、アリアダスト教導院に通う3年梅組の生徒たちが変わらない日常を送っており、主人公の葵・トーリはホライゾン・アリアダストに告白をすると宣言していた。武蔵において最も無能な者であるトーリは、その後自らの命を賭けて運命を選択することになる。関連グッズには、タペストリーやTシャツが販売されている。

グッズがありません

境界線上のホライゾン グッズ情報

「境界線上のホライゾン」は、遥か遠い未来、一度荒廃しきった地球をもう一度繁栄させようと「聖譜(前地球時代の歴史が記された歴史書)」に従って、過去の歴史を繰り返す歴史の再現が行われていた。その際に、極東の末裔と世界各国の末裔が争い、極東側は敗北し支配されることになる。その影響で極東のトップには、最も無能な者である主人公・葵・トーリが選出され、さらに18歳以上は国政に関わらせないという制約が課せられた。そんな中で歴史の再現が進んでいくが、その指針となっていた肝心の「聖譜」が1648年以降の歴史を記されなくなっていた。それにより、人々の間では世界の終焉が迫っていると噂され、各地では地脈の乱れによる怪異が発生していた。しかし、極東唯一の独立領土である巨大航空都市艦「武蔵」では、アリアダスト教導院に通う3年梅組の生徒たちが変わらない日常を過ごし、トーリは昔亡くなってしまったはずの少女であるホライゾン・アリアダストに告白すると宣言していた。その「武蔵」が、暗雲漂う三河に辿りつくとき、ホライズンの正体が明らかとなり、トーリを始めとする生徒たちは友を助けるために戦争を始めることを決意する。本作は難解な部分も多いので、楽しもうと思った場合かなり本腰を入れて作品に取り組む必要がある。

境界線上のホライゾンが好きな方はこんなグッズもおすすめ