幻想魔伝 最遊記のグッズ一覧

最遊記は、 峰倉かずや原作のアニメ「玄想魔伝 最遊記」で、2000年4月4日から2001年3月27日までテレビ東京系で、全50話が放送されたアニメ作品です。古典作品「西遊記」と舞台設定や登場人物は共通している。舞台設定や登場人物は共通しているが、、時代背景は中国風だが、缶ビールやたばこ、クレジットカードなど現代の小物が登場する。物語の中で、流行っている話題などが取り上げられており、古代中国と現代が入り混じった、独特の世界観が描かれている。最遊記グッズはカレンダーや各キャラのタペストリー、缶プレート、トレーディングカードなどが展開されている。さらに作者Twitter峰倉かずや.NETによると最遊記20周年プロジェクト」として、「最遊記フェスタ2017」と「アニメ化企画進行中」とつぶやかれている。

グッズがありません

幻想魔伝 最遊記 グッズ情報

「玄想魔伝最遊記」は、原作者の峰倉かずやが言うには「最も遊ぶ西遊記」という意味を持っている。登場キャラクターは、作者オリジナルも含んでいるが、ほとんど原作の「西遊記」に沿っているシナリオになっている。ストーリーの舞台は、桃源郷であり、人間と妖怪が共に暮らす平和な世界だったが、大妖怪の「牛魔王」の復活をもくろむ者が現れ、それらの影響により妖怪たちが自我を失い人間を襲い始める。この事態を重く見た観世音菩薩が三仏神を通じ、玄奘三蔵に孫悟空、猪八戒、沙悟浄、らを連れて、「牛魔王」の蘇生実験を阻止するために西を目指し旅をする物語である。当初、アニメ「玄想魔伝最遊記」は2クール構成の予定だったが、最終的に4クール50話の放送となっている。2003年10月から2004年3月まで「最遊記」シリーズのリブートアニメーションとして「最遊記RELOAD」が全25話で放送されている。その直後2004年4月から2004年9月まで「最遊記RELOADGUNLOCK」が放送されている。「最遊記」を原作に同作のゲームソフトが4本製作されており、2010年9月19日にはアニメとゲームを融合させている「インタラクティブアニメーション」を起用した「玄想魔伝最遊記-希望の罪過-」も製作されている。