少年アシベのグッズ一覧

「少年アシベ」は、1988年から「週刊ヤングジャンプ」より連載されていた漫画。ストーリーは、小学1年生の主人公・芦屋アシベとゴマフアザラシの赤ちゃんのゴマちゃんとの交流を中心に描いたギャグ。その出会いは中々衝撃的であり、アシベはトラックから落ちてきた物が魚だと思い込んで、夕食として家に持ち帰ったのが始まりである。本作は、1994年に連載が終了したが、それから2度アニメ化をされたのち、2011年から「COMAGOMA(コマゴマ)」というタイトルで1年半ほど連載が再開された。そして、2016年春からは3度目のアニメが放送されている。関連グッズには、主役でありマスコットキャラであるゴマちゃんのぬいぐるみやフィギュア、キーチェーンなどが販売されている。

グッズがありません

少年アシベ グッズ情報

「少年アシベ」は、小学1年生の主人公・芦屋アシベが転校間もない頃、アシベの目の前を通り過ぎたトラックから白い物体が落ちてきたことが、全てのキッカケとなる。その白い物体こそ、ゴマフアザラシの赤ちゃんであるゴマちゃんだったのが、アシベはそれを魚と勘違いして、今夜の夕食のおかずにしてもらおうと考えも家に持ち帰る。そして、台所でさばこうとした父親が、ようやく魚ではないと気が付いて動物図鑑で調べることになる。そこでようやくゴマちゃんの正体を知り、「食べられないことはないが可哀想だ」ということで芦屋家にて飼われることになる。上記の内容からも分かる通り、原作は青年誌での掲載だったため大人向けのブラックギャグなどがメインとなっていたが、ゴールデンタイムでのアニメ化に伴い、子供向けを重視した内容に変更されブラックギャグなどは割愛された。そのアニメ化とともに売り出されたグッズである「じたばたゴマちゃん」は、約40万個を出荷する大ヒットとなった。本作は今までに2度のアニメ化がなされ、2016年春からは3度目のアニメとなる「少年アシベ GO! GO! ゴマちゃん」が絶賛放送中である。装い新たなにキュートさが増したゴマちゃんとアシベを含めた愉快なキャラたちが、繰り広げる楽しい毎日が待っている。

少年アシベが好きな方はこんなグッズもおすすめ