千と千尋の神隠しのグッズ一覧

「千と千尋の神隠し」は、2001年にスタジオジブリによって制作された長編アニメ映画。ストーリーは、10歳の少女である千尋とその両親が、八百万の神々が住む異世界に迷い込み、とある出来事から動物にされてしまった両親を取り戻し、その異世界からの脱出を試みるというもの。その過程で千尋は様々な経験を通して成長をしていく。本作の独特の空気感とストーリー性は、日本全国で大人気を博し「タイタニック」や「オリンピック」を追い抜き、日本歴代興行収入第1位を記録した。その記録は2016年現在も破られておらず、テレビでの再放送でも20%前後という驚異的な視聴率を取り続けるほどの人気をキープしている。関連グッズには、ユニークないでたちで記憶に残りやすいカオナシのデザインがされたものが多く見られる。

グッズがありません

千と千尋の神隠し グッズ情報

「千と千尋の神隠し」は、八百万の神々が住むという異世界が舞台で、そこに10歳の少女である千尋と両親が迷い込んでしまうというもの。その異世界で両親は早々に動物へと変えられてしまい、千尋はそんな両親を助けるため、また異世界から脱出するために奔走することになる。しかし、何をどうすればいいのか分からない千尋は、異世界で流されるままに湯屋「油屋」を経営する湯婆婆と契約し、名前が奪われてしまう。そんな千尋の前にハクという謎の少年が現れ、ハクは何かと千尋の世話を焼いてくれる。厳しい環境の中に放り出された千尋ではあったが、そこで出会ったハクを始めとする釜爺やリンといった周囲の人間に支えられ、大きく成長していくこととなる。千尋の周りで巻き起こるテンヤワンヤの大騒ぎは、毎日がお祭りのように賑やか。笑いあり、涙あり、驚きあり、と映画でありながらそのストーリーの深みに引き込まれ、あっという間に時間が過ぎていくこと間違いなし。登場するキャラクターの愛らしい姿、それを引き立たせる圧巻の背景描写、先が気になるストーリー。見終わったあとは「さすがスタジオジブリ!宮崎駿!」と感動せずにはいられない。何度見ても薄れない感動を味わえる素晴らしい作品。

千と千尋の神隠しが好きな方はこんなグッズもおすすめ