涼宮ハルヒの憂鬱のグッズ一覧

「涼宮ハルヒの憂鬱」は、谷川流著の「涼宮ハルヒシリーズ」を原作とするアニメ(2006年放送)。ストーリーは、平凡な男子高校生の主人公・キョンの視点を通して見る世界、女子高生のヒロイン・涼宮ハルヒと彼女が立ち上げた「SOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)」メンバーたちの活動が巻き起こす日常的な非日常を描いている。本作は、放送当時にそのクオリティの高さから大きな話題を呼び、それに伴って原作のライトノベルやDVDなどの関連商品も売れに売れた。また、2016年夏には、オリジナルサウンドトラックボックス「涼宮ハルヒの完奏」が販売された。その他の関連グッズには、アニメや劇場版などシリーズを通した商品が多く発売されている。

グッズがありません

涼宮ハルヒの憂鬱 グッズ情報

「涼宮ハルヒの憂鬱」は、平凡な男子高生の主人公・キョンの視点から見る日常的な非日常を描いている。その中心にいるのが、エキセントリックな女子高生でありヒロインの涼宮ハルヒであり、彼女が設立した学校非公式の部SOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団))のメンバーたち。極めて口数が少なく、無表情が特徴だが、その裏の顔は宇宙人(正確に言うと情報統合思念体によって作られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース)である長門有希。SOS団のマスコット的存在であり、超絶美少女の高校のアイドルだが、その裏の顔は遥か未来からやってきた未来人の朝比奈みくる。頭脳明晰、運動神経抜群、美形と三拍子が揃っているが、その裏の顔は本物の超能力者である古泉一樹。ここに唯我独尊、傍若無人、猪突猛進で負けず嫌いのハルヒと普通の人間であるキョンを含めた5人が、繰り広げる信じられないような展開と、キョンの普通の高校生活が緻密に描写され、それらがストーリーとして絶妙なバランスを保っている。本作の凄い部分は、特にライトノベルやアニメを知らない人でも「涼宮ハルヒ」という名前くらいは聞いたことがあるという知名度にある。それは、原作であるライトノベルがよく売れたというのもあるが、アニメが特に大きな反響を呼んだのは間違いない。意外性に溢れた本作は一度見てしまえば、きっとハルヒの世界にハマってしまうはず。