怪獣娘のグッズ一覧

ウルトラ怪獣擬人化計画は歴代のウルトラマンシリーズの怪獣を女の子で擬人化した作品である。最近は女性ファンもそうだが男性ファンの間でも擬人化人気が増えつつある世の中になったがこの作品はそんな擬人化好きには最高なアニメと言えるのではないだろうか。小さい男の子がはまるウルトラマンシリーズの怪獣を今度は全て可愛い少女に擬人化し、そのキャラの容姿は様々だ。可愛らしい容姿のピグモンやブルトン、ゴモラなどもいればセクシーなベムラーやジャミラ、ゼットン星人、エレキングなどもいるため男性ファンを中心に人気が出そうな作品である。そして登場キャラクターの可愛い見た目とは違い本物の怪獣を見るとあまりの違いさに驚くこと間違いないだろう。

怪獣娘 グッズ情報

ウルトラ怪獣擬人化計画の原作は電撃G'Sマガジンで連載の、男性を中心に人気の作品だ。ウルトラマンの擬人化ではなく敵の歴代怪獣たちを擬人化するという発想が見事にファンの心を掴んだと言える。登場キャラクターたちはもちろん全て女性。可愛い少女からロリキャラ、セクシーキャラ、元気っ子キャラやクールキャラまで様々である。そんなウルトラ怪獣擬人化計画が2016年9月27日からアニメ放送が始まった。声優はアギラを飯田里穂、ウィンダムを遠藤ゆりか、ゼットンを加藤英美里、エレキングを藩めぐみ、ミクラスを鈴木愛奈、ピグモンを得意青空、ゴモラを諏訪彩花が声を担当している。内容は激しいものではなくアニメのゆるいミニキャラ同様ゆるい物語である。なんと円谷プロ公認のプロジェクトだというから凄い。擬人化された怪獣や宇宙人の数はガラモンやゼットン、キングジョーやジャミラなど合計で25体、ドラマCDでの人物はテンペラー星人やメフィラス星人など合計で6体の全部で31体と素晴らしい擬人化数である。基本的に擬人化した怪獣や宇宙人たちのギャグ漫画だが萌え要素も入っている、そしてそんな日常の模様だけではなく時折バトルシーンも描かれるのでウルトラマン好きや、擬人化好きにはたまらない作品ではないだろうか。