クラシカロイドのグッズ一覧

クラシカロイドは、日本のテレビアニメ。2016年、NHK Eテレのオリジナルアニメとして放送される。制作はサンライズ。ストーリーの舞台は、音楽の盛んな地方都市。そこに住む歌苗と奏助の前に、ベートーヴェンとモーツァルトが現れる。二人は自分たちをクラシカロイドと名乗る。二人が奏でる音楽、ムジークには奇妙な力があり、星が降ったり、巨大ロボが現れたりする。バッハやシューベルトなど、クラシカロイドは次々と現れ、大騒ぎとなる。敵か味方かわからない、クラシカロイドに隠された謎に、歌苗と奏助は立ち向かっていく。アニメでは偉大な作曲家たちの名曲が流れる。音楽をテーマにした、NHK Eテレの意欲作である。

クラシカロイド グッズ情報

「クラシカロイド」は、NHN Eテレが音楽をテーマに制作したテレビアニメである。その魅力は、やはりテレビアニメの中で流れる音楽にある。ベートーヴェンやモーツァルト、バッハ、ショパンはクラシカロイドとして登場し、それぞれ「ムジーク」を奏でるが、その「ムジーク」はそれぞれの名曲が独自にアレンジされた曲調となっている。作曲家それぞれに有名ミュージシャンが「ムジークプロデューサー」として設定されており、それぞれのセンスで名曲をアレンジしている。有名ミュージシャンによってアレンジされたクラシックの名曲がテレビアニメの中で楽しめるのである。「ムジークプロデューサー」は、ベートーヴェンは布袋寅泰、モーツァルトはtofubeats、リストは浅倉大介、ショパンはEHAMIC、バッハはつんく♂がキャスティングされている。クラシック音楽のファンも、現代音楽のファンも楽しめるテレビアニメの誕生である。また、「銀魂」や「おそ松さん」の藤田陽一が監督を担当。クラシック音楽を題材にしているからといって高尚な内容ではなく、誰もが笑って楽しめる作品となっている。クラシック音楽の教養のためにも、ぜひ家族で見たい。