感覚ピエロのグッズ一覧

感覚ピエロは、2013年に結成された日本の4人組ロックバンドである。結成直後に自主レーベルと事務所を設立し、現在も自分たちで運営しながら音楽活動を続けている。メンバーは横山直弘(Vo/Gt)、秋月琢登(Gt)、滝口大樹(Ba)、西尾健太(Dr)の4人である。横山直弘が作詞作曲を手掛け、秋月琢登が自主レーベルの代表を務めている。近年ではバンドとしての実力が認められ、大型フェスにも数多く出演している。2016年4月には、宮藤官九郎が脚本を務めた日曜ドラマ「ゆとりですがなにか」の主題歌として、楽曲「背景、いつかの君へ」が使用され注目された。独自の感覚を武器に、着実ファンを増やしているバンドである。

グッズがありません

感覚ピエロ グッズ情報

感覚ピエロは、2013年から活動を開始したロックバンドである。メンバーは横山直弘(Vo/Gt)、秋月琢登(Gt)、滝口大樹(Ba)、西尾健太(Dr)の4人である。それぞれ前身のバンドが同じタイミングで解散を迎え、秋月が中心となってメンバーに声を掛け、感覚ピエロが結成された。楽曲は、奇抜でありながら中毒性の高いサウンドによって確立されている。感覚ピエロの楽曲は、アレンジは現代風であるものの、過去からロックのスタイルとして反体制的な思想が含まれている。現代の音楽の、斬新で自由な発想を用いながらもヒットチャートに迎合する音楽や、気づかれないように巧みにリスナーに媚びている日本の音楽界を痛烈に批判している。高い演奏技術とセンスを武器に、ライブと口コミを中心にプロモーションをする中で、テレビドラマ主題歌に使用されるなど、音楽界では異例とも言えるサクセスストーリーを歩んでいる。固定概念の強い日本の音楽シーンや市場に対して、批判しながらも成功を掴み始めた感覚ピエロは、まさに今最も勢いに乗ったロックバンドと言えるだろう。今後どのようなメッセージを楽曲にのせて届けてくれるのか楽しみである。

感覚ピエロが好きな方はこんなグッズもおすすめ