昭和元禄落語心中のグッズ一覧

「昭和元禄落語心中」とは雲田はるこ作の漫画作品である。講談社の「ITAN」に2010年零号より掲載され、2016年32号まで連載された。アニメに関しては2016年1月に第1期が放送され、2017年1月より第2期の放送が決定している。舞台はタイトルにもある通り、昭和の日本であり、昭和50年代の落語絶頂期が過ぎ、テレビやお笑いが流行していたころを描いている。主人公の元チンピラ・強次が偶然聞いた八代目有楽亭八雲の落語に感動し、有楽亭八雲に弟子入りするところから物語が始まる。日本の古き良き芸能の業、師弟関係、さらには落語家同士の繊細な人間関係などをリアリティをもって描いている作品であり、落語・音楽業界からも評価されている作品である。

グッズがありません

昭和元禄落語心中 グッズ情報

昭和50年ごろの日本を舞台に、落語の世界を描いた作品「昭和元禄落語心中」。原作は雲田はるこ作、講談社の「ITAN」より2010年から連載された漫画作品である。刑務所から出所した元チンピラの与太郎が、慰問会で訪れた八代目有楽亭八雲の演じる「死神」が忘れられず、出所後すぐに八雲に弟子入りを申し出るところから物語が始まる。その後、与太郎が落語家として奮闘する姿や、八雲とそのライバルであった助六との過去の話などを中心に物語が展開していく。昭和後期の落語界をリアリティをもって表現し、漫画作品ならがらも実際に落語を聞いているかのように感じさせてくれる作品である。さらに八雲師匠の落語に対する思いや苦悩なども痛烈に描き、繊細な人間関係の中で、登場人物の心情が移り変わるさまも今作の魅力と言えるだろう。「昭和元禄落語心中」は2016年にアニメ1期が放送された。八代目八雲には石田 彰、与太郎には関智一など豪華声優陣をキャストに迎えており、それぞれの声で華麗な落語が披露されている。また主題歌の作曲には、日本を代表するアーティストである椎名林檎が担当していることでも話題となった。2017年からはアニメ2期が放送が決定している。

昭和元禄落語心中が好きな方はこんなグッズもおすすめ