シーナ&ロケッツのグッズ一覧

シーナ&ロケッツ(SHEENA & THE ROKKETS)は、2013年に結成35周年を迎えるもバンド結成当初から一度もブランクがなく日々積極的に全国各地でライブツアーを行っている。元サンハウスのギターリストである鮎川誠が妻・シーナと共に福岡から上京し結成。日本国内では、トップクラスのロックバンドとして認知されている。そんなシーナ&ロケッツのグッズはファンからも愛されており、Tシャツをはじめバッジ、マグカップ、フェイスタオル、ステッカーなどが販売されている。なかでも、トートバッグは特に人気を博しておりSOLD OUTの文字が並んでいる。シーナファンは絶対に手に入れたいアイテムばかり!

シーナ&ロケッツ グッズ情報

シナロケの略称で愛されている「シーナ&ロケッツ」。1978年にシングル「涙のハイウェイ」をリリースしてデビュー以降、現在も活動している長寿バンドであるといえる。メンバーはボーカルのシーナ、ギターボーカルの鮎川 誠、ベースの奈良敏博、ドラムの川嶋一秀の4人で構成されているが、2015年にボーカルのシーナが子宮頸がんにより息を引き取っており、現在は実質3人でのバンド活動がおこなわれている。デビューから今までの間、数々のライブに出演し、CD作成も積極的におこなっており、2016年現在までで17枚ものシングル、18枚ものアルバムをリリースしている。彼らの楽曲は色っぽいシーナ声に合わせた軽快なリズムのドラムやベースの刻みが特徴的なものが多く、さわやかなPOP調の楽曲が多くなっている。ボーカルのシーナと、ギターの鮎川 誠は夫婦の関係で、ライブ中ではいつも妻に寄り添う形でギターを演奏する鮎川 誠の姿を見ることができた。2015年のシーナの突然の死去の報に悲しむ声が多くみられ、そのファン層の厚さを感じることができた。「シーナ&ロケッツ」は恋愛系の楽曲を多く輩出しており、当時青春時代を謳歌していた世代から圧倒的な人気を誇っている。