電気グルーヴのグッズ一覧

電気グルーヴは、1989年に結成された日本のバンドである。テクノ、エレクトロを中心にした音楽だがそこに独自性も加わり、魅力的なサウンドとなっている。西野カナなども所属してる、ソニー・ミュージックアーティスの所属である。石野卓球、ピエール瀧によって結成後、日本国内に留まることなく海外に舞台を広げ、CDリリースやライブ活動をしている。2014年4月までグッズを発売しており、Tシャツ、フェイスタオル、トートバック、キーホルダーなどの定番グッズがある。グッズにはメンバーそれぞれをイメージした個性的なキャラクターがプリントされている。漫☆画太郎がデザインしたプリントTシャツも発売されているので、ぜひオタキャンプでゲットしよう。

1〜144件目

1〜144件目

電気グルーヴ グッズ情報

電気グルーヴはもともと「人生」というバンド名でインディーズ活動をしていた。当時のナゴムレコードにはたま、筋肉少女帯、有頂天などさまざまな「ナゴム系」という枠でくくられる魅力にあふれるバンドが在籍しており、その中でも電気グルーヴは人気を博するバンドであった。ナゴムレコードのバンドは今に至るまでさまざまな界隈で爪痕を残している。
主にディスコ調の曲やダンスミュージックなどの電子音楽を得意としており、世間的にもそのようなイメージが強いバンドであるが、メンバーである石野卓球は細川ふみえや篠原ともえをプロデュースした際には非常にガーリーで独特の世界観を持った歌詞を作成するなど、幅広い音楽性を持っている。
電気グルーヴのメンバーは、基本的に前述の石野卓球と、ピエール瀧の二名。
石野卓球はYMOの大ファンであり、小学生のころに聴きすぎて、母親から禁止令を出されたほどでもある。そこからクラフトワークを経由し、さまざまなノイズ系のバンドを経て、いまのような音楽に至る。
もう一人のピエール瀧は音楽以外にも俳優や声優、ナレーターなどの演技でも光るものを持っており、各方面から評価を集めている。
このように、異種な才能を持った二人のエッセンスが凝縮され、電気グルーヴの音楽性は形作られている。