加藤和樹のグッズ一覧

加藤和樹は、歌手や俳優、声優活動などで活躍している。2006年にミニアルバム「RoughDiamond」で歌手デビューを果たし、2006年のテレビ朝日系「仮面ライダーカブト」、翌2007年の日本テレビ系「ホタルノヒカリ」で、知名度を上げたタレント。2008年には、初の日本武道館ライブを行う。また、台湾・韓国・中国でCDデビューするなど、アジア圏でも活動。2010年には、テレビ東京系「家庭教師ヒットマンREBORN!」で、声優デビュー。2014年以降は舞台俳優としての活動に力を入れており、東宝ミュージカル「レディ・べス」の主人公相手役や、帝国劇場「1789 バスティーユの恋人たち」の主演などを務めている。ライブ活動は、小規模~中規模の会場を中心に、毎年ツアーが行われている。コンサートツアーグッズは、定番タオルの他に、オックスフォードシャツやトートバッグなど、そのまま普段の生活で使える物もある。

グッズがありません

加藤和樹 グッズ情報

加藤和樹は、2002年に「ジュノン・スーパーボーイ」で最終選考に残ったのをきっかけに芸能界入りし、歌手活動も行う俳優。舞台・テレビドラマを中心に活動していた2005年、ミュージカル「テニスの王子様」で脚光を浴び、2006年、ミニアルバム「RoughDiamond」で歌手デビューを果たす。2006年のテレビ朝日系「仮面ライダーカブト」、翌2007年の日本テレビ系「ホタルノヒカリ」で、人気を全国区のものとする、2008年には、初の日本武道館単独ライブ開催。2009年には台湾・韓国・中国でもCDデビューを果たす。2010年、テレビ東京系「家庭教師ヒットマンREBORN!」で、声優としての活動を開始。ゲームやインターネットにも活動の場を広げ、新境地を開拓。また、俳優業では舞台へと活動の場を移し、2014年、ミュージカル「レディ・べス」で、オーディションで主人公の相手役に選ばれる。同作品は 専門誌「ミュージカル」で作品部門1位を獲得するなど、高い評価を得た。2016年には、帝国劇場「1789 バスティーユの恋人たち」に主演。俳優として着実に成長を続ける傍ら、音楽活動も続けており、毎年ライブツアーを行っている。