山崎まさよしのグッズ一覧

山崎まさよしはギターにはじまりさまざまな楽器をこなす、マルチな才能を持ったシンガーソングライターである。聴いているとじんわりと心に広がってくるような深みのある歌詞も魅力的で、それに彼の声が合わさることでさらに魅力的な歌が多数生まれている。山崎まさよしの曲といえば、有名なのは「One more time, One more chance」や「セロリ」だろう。「セロリ」といえばSMAPの印象を持っている人も多いかもしれないが、実はこの曲は山崎まさよしがリリース、その後SMAPがカバーをし、多くの人に聴かれている。映画の主題歌を担当していることから、映画を見に行ったことをきっかけに彼に夢中になってしまったという人もいるようだ。これからも山崎まさよしの活動から目が離せない。

1〜144件目

1〜144件目

山崎まさよし グッズ情報

山崎まさよしは、滋賀県大津市出身。生まれこそ大津市だが、草津市、山口県防府市などを転々としていた。その際、同じ地に長く滞在しないため友達をつくるきっかけがなかなかできなかったが、地元の太鼓の練習において友人ができるようになり、中学校に進学してからは本格的に音楽活動を始めた。太鼓つながりで、当時演奏していたのはドラムであり、数多くのバンドから呼び声がかかるほどに人気の演奏者であった。
その後は高校に進学し、卒業後は防府の自動車工場での労働などで生計を立てながら、ライブハウスにて音楽活動を継続。主に活動していた周南市のライブハウス「Boogie House」のマスターである森永正志という人物に自らの音楽性を相談した際に、森永に渡された音楽テープに収録されていたライトニン・ホプキンスに熱中し、この頃からギターの弾き語り、作詞作曲を行うようになり、現在の山崎まさよしのスタイルが形成された。
1991年に音楽のオーディションと俳優のオーディションを間違え、歌手のオーディションではなかったため評価こそ高かったが、落選。しかし、偶然同席していた音楽プロダクションのプロデューサーの目に止まり、奇跡的にデビューを果たすことになる。
1995年にはメジャーデビューを果たし以降はSMAPの曲として知られる『セロリ』など様々な人気曲を制作し、現在に至る。