小沢健二(オザケン)のグッズ一覧

小沢健二はシンガーソングライターで、オザケンとも呼ばれている。「ラブリー」等の曲で知られる小沢健二だが、やはり抑えておきたいのがスチャダラパーとのコラボでヒット、現在でも加藤ミリヤやKREVAによってカバーされている「今夜はブギーバック」だ。今でこそ歌手同士でコラボして曲を出すというのはよく行われることだが、当時はそれ自体が新鮮で、また曲自体も一度聴いたらまた聴きたくなるような曲だったこともありヒットにつながった。小沢健二のグッズといえば、彼の歌が収録されたCDがメインだろう。今の時代でも色褪せない曲がたくさんなので、聴いたことがある人もない人も、改めて聴いてみよう。

1〜144件目

1〜144件目

小沢健二(オザケン) グッズ情報

小沢健二は、1968年生まれのシンガーソングライター。出身は神奈川県相模原市。父親はドイツ文学者の小沢俊夫であり、母親は心理学者の小沢牧子。生まれた直後にドイツへ移住した。幼少期より親の影響もあり文学や音楽などの芸術に傾倒し、当時の人気番組『ザ・ベストテン』の20位まで暗記するほどの入れ込み具合だった。
高校でバンド活動をはじめる。家庭が厳しく小遣いをもらえなかったが、通っていた予備校では好成績を収めるとお金がもらえたこともあり、勉学に打ち込む。その甲斐あって、一浪こそしたが東京大学へ進学。在学中にもバンド活動を継続。「ロリポップ・ソニック」というバンド名で活動していたが、メジャーデビューとともに「フリッパーズ・ギター」に改名。オリジナルアルバム3枚などをリリースするも2年後に解散。
以降はソロでの活動を主に行っている。1994年にヒップホップグループであるスチャダラパーと共作した『今夜はブギー・バック』では50万枚を売り上げるヒットを生み出した。この頃から世間の注目を集めるようになり、1995,6年には紅白歌合戦にも出場を果たす。最近では目立った活動をしていなかったが、2016年の1月に全国ツアーを発表するなど、再度表立った活動を行う意欲を見せており、注目したいアーティストである。