松山千春のグッズ一覧

松山千春は、自称「北海道を愛するフォークシンガー」。2016年にデビュー40周年を迎えた高音でソウルフルな歌声は、幅広い年齢層に支持され、愛され続けている。彼のツアーグッズには、髪の毛がなくなった時に記念して作られた「コチハル」というキャラクターがデザインされたものが多い。サングラスをかけ、頭が光ったコミカルなコチハルは、スポーツタオル、Tシャツ、スタッフブルゾン、バッグなど、あらゆるグッズに顔を出す。また、爪切りや軍手、花瓶、グラスといった松山千春らしい日用雑貨にもコチハルがデザインされていて、思わず手にしたくなる。もちろん本人の写真が入ったカレンダーやポスターも大人気!

1〜144件目

1〜144件目

松山千春 グッズ情報

松山千春は、北海道出身の日本を代表するフォークシンガーの1人。毒舌キャラとして知られていて、また地元愛が強い事から、自称「北海道を愛するフォークシンガー」。1975年、「全国フォーク音楽祭」の北海道大会に出場。落選してしまうが、これを機に翌年、ラジオ番組「「サンデージャンボスペシャル」のコーナー「千春のひとりうた」でメディアのデビュー。1977年には「旅立ち/初恋」でレコードデビューも果たす。同年に、「オールナイトニッポン」の司会に抜擢され人気は全国区に広がり、1978年にリリースした「季節の中で」がヒットしニューミュージック界のスターとしてを駆け上った。代表曲には「大空と大地の中で」や「長い夜」、「君を忘れない」等、いずれもロングヒットを記録。デビュー以降コンサート活動を行い、2007年、コンサート公演回数が2000回以上に達する。歌以外にも、映画、ラジオ、ドラマ出演、雑誌の発行、論評など、幅広い活躍を成し遂げている。上記以外にも、自由民主党北海道連青年部名誉会長を務めるなど、政治方面でも活躍。高ボイスで魂のこもったような歌声は、沢山の芸能人がモノマネをしている。「自分(松山)が生きている限り、自分以上に歌の上手な歌手は出てこないだろう」と、自分の歌唱力に非常に自信を示したコメントを発表。2016年、活動40周年を迎えた。