氷川きよしのグッズ一覧

氷川きよしは、2000年にデビューした男性演歌歌手。歌唱力の高さと端正な顔立ち、庶民的な人柄で幅広い年齢層に愛されている。年配の女性を中心に大変な人気があるため、コンサートで目当てのグッズを手に入れるのは至難の業。彼のコンサートに欠かせないのが、コンサートのテーマやコンセプトに応じてデザインが変わるペンライト。ハートや星のモチーフで、キラキラ可愛らしいものが多く、コレクションとしても楽しめる。Tシャツやトートバッグ、うちわなど、顔写真の大きく入ったものが多く、ファンなら全て揃えたくなってしまう。またロゴが入ったシンプルなデザインのバッグやキャップも大人気。

1〜144件目

1〜144件目

氷川きよし グッズ情報

氷川きよしは、男性演歌歌手。2000年に「箱根八里の半次郎」で演歌歌手としてデビューすると、その甘いマスクと実力で瞬く間に人気を得て、同年の「日本レコード大賞」を初めとする音楽賞・最優秀新人賞を総なめにした。2001年には、演歌歌手としては歴代3人目、男性演歌歌手としては初めて「オリコンウィークThe Ichiban」の表紙を飾る。同年発売された「大井追っかけ音次郎」で総合チャートベストテン入りを果たして以降、シングルは全てベストテン入りしている。この記録は他に類を見ない。2006年、「一剣」で日本レコード大賞を受賞し、レコード大賞3冠となった。2007年、「きよしのソーラン節」で日本有線大賞史上初の4回目の大賞受賞。2008年のNHK紅白歌合戦では白組の大トリを務めた。歌手活動以外にも、タレント活動や歌謡劇への出演などもしている。演歌だけにとらわれず、歌謡曲やポップスなどさまざまなジャンルの楽曲にチャレンジしていて、歌唱力の高さが評価されている。KIYOSHI名義で現代調ポップス系楽曲を発表したこともある。和服ではなく洋服で歌うことが多く、簡単な振付のものが多いので、幼いファンから高齢のファンまでが覚えやすく、親しみやすさの1つとなっている。特に年配の女性ファンが多い。デビュー以来30枚のシングルをリリースしていて、代表曲はデビュー曲の他に「きよしのズンドコ節」がある。