JUJU(ジュジュ)のグッズ一覧

JUJUは、2004年にシングル「光の中へ」でデビューした。元々ジャズシンガーを目指しアメリカで活動していたが、ニューヨークで作家のE-3らと制作した音楽作品が話題となり、映画「凶気の桜」の主題歌制作に携わったのがきっかけとなりデビューを果たす。2006年にリリースした映画「余命1ヶ月の花嫁」の主題歌「奇跡を望むなら…」がヒットし、オリコンウィークリーチャートで2位を獲得。着うたランキングでも月間1位を獲得するなど高い評価を得た。シンガーソングライターとしての活動以外に、ジャズシンガーとしても活躍しているので、コンサートツアーも2種類に分けて行われている。ホールを中心とした中規模な会場でのコンサートが多いJUJUのグッズは、Tシャツ、バッグ、ポーチ、アロマキャンドルと女性らしさに溢れている。

1〜144件目

1〜144件目

JUJU(ジュジュ) グッズ情報

JUJUは、2004年にシングル「光の中へ」でデビューした。デビュー前にニューヨークで作家のE-3らと制作した音楽作品が話題となり、映画「凶気の桜」の主題歌制作に携わる。しかし、デビュー後のセールスは振るわず、2ndシングル「CRAVIN’」リリース後に新作のリリースを凍結。メジャーでの活動を賭けて臨んだ3枚目のシングル「奇跡を望むなら…」がUSENを中心に人気を集め、2007年のUSEN年間チャートで1位を獲得。2009年、10枚目のシングル「明日がくるなら」は、映画「余命1ケ月の花嫁」の主題歌に抜擢されたこともあり、オリコンウィークリーチャート2位の自己最高順位を獲得。music.jpとレコチョク集計の着うたランキングで、それぞれ月間1位を獲得する。2010年にリリースしたアルバム「JUJU」で、日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞する。子供の頃からジャズシンガーを志していたこともあり、2011年11月にジャズアルバム「DELICIOUS」をリリース。ジャズでは初となるオリコンTOP5入りを果たす。デビュー10周年を記念する2014年には、全国33都市で10万人を動員する全国ツアー「10th Anniversary Act#01 JUJU HALL TOUR 2014~DOOR~」を開催。ステージでパワフルな歌声を響かせている。