加藤ミリヤのグッズ一覧

加藤ミリヤは、ファッションデザイナー・小説家としても活躍するシンガーソングライター。そのカリスマ性で、若い女性に絶大な人気を誇る。会場で購入できるオリジナルのペンライトは大人気で、会場との一体感を味わうには欠かせないグッズ。また加藤ミリヤはオリジナルファッションブランド「KAWI JAMELE」を手掛けているため、Tシャツやバッグ、キャップなどのアパレルのグッズが多い。肩にかけるだけでライブスタイルを演出できるツアータオルは、スタイリッシュなデザインが好評。レアなグッズとしては、くまとうさぎのぬいぐるみや携帯ストラップがある。また、ファンなら絶対に手に入れたいのが写真集。ツアーの限定品なども発売されているので、買い逃した人はオタキャンプて出に入れよう!

1〜144件目

1〜144件目

加藤ミリヤ グッズ情報

加藤ミリヤは13歳でソニーミュージック・オーディションに合格し、14歳から曲作りを始めたという早熟のシンガーソングライター。中学校3年間は、週末だけ名古屋から上京して歌のレッスンを受けるという生活をしていたほど、早い段階から歌への思いが強かった。2004年、高校1年生の時に「Never let go・夜空」でメジャーデビュー。その年齢と歌唱力の高さのために「ポスト宇多田」として注目を集めた。現役高校生であり、同世代の共感を得る歌の内容も支持されたことから「女子高生のカリスマ」と呼ばれた。R&Bやヒップホップなどを融合したスタイルで若い女性から圧倒的な支持を受ける。2006年、ファッションブランド「Kawi Jamele」をスタートさせてデザインを手がけ、ファッションでも若い女性に影響を与える。2011年には、孤独と向き合う女性をリアルに描いた恋愛小説『生まれたままの私を』で小説家デビュー。2012年にはロンドンオリンピックでパフォーマンスを披露して世界への進出も果たす。将来的な目標は、安室奈美恵や浜崎あゆみのような女性アーティストとして時代を象徴するアイコンになること。代表曲に、映画主題歌になった「Eyes on you」やオリンピックのキャンペーンソングとして起用された「HEARTBEAT」などがある。