BABYMETAL(ベビーメタル)のグッズ一覧

BABYMETALは2010年に結成された女性メタルダンスユニット。メンバーはSU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALの3人で、プロデューサーはKOBAMETAL。元はアイドルグループさくら学院のクラブ活動「重音部」で結成されたユニットだったが、さくら学院からメンバーが卒業するにあたって独立することになった。現在はBEBYMETALとして活動している。キュートながらもハードなメタルミュージックに合わせて披露されるダンスと歌で世界各国のメタルファンのハートを鷲掴みにし、ワールドツアーはどこの会場もモッシュとダイブが吹き荒れる盛況ぶりとなっている。メタルな彼女たちのコンサートグッズは、赤と黒を基調とした衣装に合わせた色合いで、フード付きタオルマントや蛍光リストバンドなど、グッズの種類も他のアーティストとは一線を画したものが多い。

1〜144件目

1〜144件目

BABYMETAL(ベビーメタル) グッズ情報

BABYMETALは2010年に結成されたSU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALの3人からなる女性メタルダンスユニット。プロデュースはKOBAMETAL。KOBAMETALがアイドルグループさくら学院をプロデュースしたのがきっかけで、「アイドルとメタルの融合」をテーマとしたさくら学院重音部を結成。2013年まで重音部内のユニットBABYMETALとしてインディーズで活動していたが、2013年1月「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でメジャーデビュー。メンバーがさくら学院を卒業するため、4月からさくら学院を離れ、BABYMETAKとして独立した活動を開始。それまでもアジア各国でライブを始めとする音楽活動を行っていたが、2014年の1stアルバム「BABYMETAL」で本格的に活動開始。海外ではダウンロードのみの販売となった「BABYMETAL」だが、米ビルボード総合アルバムチャートに日本人最年少でランクインするなど高い評価を得たことが追い風となり、同年開催された初のワールドツアーには問い合わせが殺到。急遽追加公演を決定するほどの盛況となった。2016年には2ndアルバム「METALRESISTANCE」が世界同時発売され、オリコン週間チャートで2位、全英総合アルバムチャートで15位、全米総合アルバムチャートで39位を記録。日本人が全米総合アルバムチャートでTOP50入りを果たすのは、坂本九より53年ぶりの快挙。